英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-


 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

未経験OKの在宅勤務の字幕翻訳者っておいしくないですか?

私は翻訳の求人情報を定期的に見て

「こんな求人があるんだな~」
「未経験OKなのは主にコーディネーターとチェッカーか~ふんふん」
「ジャンルはIT系とメディカル系が多いな~」
「やっぱり日英と英日両方が必要っていう仕事が多いな~」
「やっぱり在宅勤務もかなり多いんだ~」


とか、いろいろとチェックしています。


で、これを書いている現在、
「未経験OKの在宅勤務のドキュメンタリー字幕翻訳者」
っていう求人を見つけたんですが、どうですかこれ?


だってー、憧れの字幕翻訳者ですよ!
ジャンルはドキュメンタリー、映画、ドラマですよ!
しかも在宅勤務ですよ!
しかも未経験OKですよ!

もちろん、採用されるかどうかは別の話だし
条件を見てみないとなんとも言えませんが・・・


未経験OKの字幕翻訳者の求人を見てみる

このページの下半分が求人情報一覧で、その字幕翻訳者の求人は一番上にあります。

(なお、この情報は随時アップデートされると思うので、あなたがご覧になった時には
 もう募集終了で求人が消えている可能性もあります。ご自身で最新情報をお確かめください)


求人への応募や詳しい条件等を見るには会員登録が必要なようですが、
2015年1月12日までは5000円の入会金が無料になるキャンペーン中のようなので、
「入会したいけど、入会金と年会費がね・・・」と思っていたなら、
申し込むなら今しかないかと。



また、同時に翻訳コンテストも開催中なので
会員登録なさったら応募してみてください。

⇒ 福笑い翻訳コンテスト(賞品付き)
(訳文応募期間:2015年1月7日(水)まで)


また、翻訳ではいつも、以下がとても重要な点です。

・文章の意味をまず正しく理解する
 当たり前すぎる話ですが、ここを抜かして翻訳をしようとする人が多いです。

・すべての英単語に日本語を当てようとしない
 たとえば、一般的な人を指す「You」などは日本語では省略した方がいいことが多いです。

・忠実な「英文和訳」ではなく、日本語として読みやすく
 かつ原文の意味を忠実に表した「翻訳」を目指す

 たとえば、英語が受動態でも日本語をそのまま受動態にする必要はなく
 能動態の方が日本語として自然に聞こえるならそうする、など。



私のもとには、
「えいみさんに教えてもらった翻訳コンテストで入賞しました!自信になりました」
というメールが続々と届いています。


いつも言っていることですが、
あなたが翻訳の仕事をいつかしてみたいと思っているなら・・・

「もうちょっと勉強してから」
「TOEIC900点になってから」

って待ってないで、とりあえずやってみましょう!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

スポンサーサイト



of + 抽象名詞 = 形容詞(世界遺産翻訳コンテスト)

of + 抽象名詞 = 形容詞

これ、何のことだか分かりますか?


たとえば、
This is a matter of importance.
といった言い方を英語ではよくします。

importanceというのは「重要性」という名詞なので、無理やり直訳しようとすると
「これは重要性の事柄である」といった変な日本語になってしまいます。


で、先ほどの「of + 抽象名詞 = 形容詞」の出番なのですが、
上の文章では「of + importance = important」、つまり
This is an important matter.
と同じと解釈すればいいということになります。

そうすれば、「これは重要な事柄である」と訳しやすくなりますね。


「抽象名詞」というのが何なのか分かりにくいかもしれませんが、
普通は名詞というと「机」とか「ペン」とかいう物質を想像しますが、
抽象名詞は「目に見えないものを表す名詞」とざっくり考えてください。

たとえば、

・courage(勇気)
・knowledge(知識)
・peace(平和)

他にもたくさんありますが、こんな感じです。


で、
He is a man of courage.
といった英語もよく使われますが、これは
He is a courageous man.
と同じ意味として訳せばいいわけですね。



で、今日なぜこの話をしたかというと、
このof + 抽象名詞 = 形容詞が出てくる翻訳コンテストが今開催中だからです。

⇒ 世界遺産翻訳コンテスト(参加費無料・賞品付き)
(訳文応募期間:2014年10月8日(水)まで)

手順:
1.上のページから「第1回世界遺産翻訳コンテスト」をクリック。
2.コンテストページの「お試し会員登録」をクリック。
3.フォームに必要事項を記入するとすぐに発行されるパスワードを書き留める。
4.お試し会員番号(ID)は別途メールにて届く。
5.お試し会員番号(ID)とパスワードでログイン後、
  コンテストページの「訳文を応募する」より訳文を投稿。
 (再度「訳文を応募する」をクリックすると自分が応募した
  最新の訳文が表示され、10回まで変更可。)

やさしめの翻訳が無料で応募できる上、
入賞したら2000円、3000円、5000円の図書カードがもらえます。


また、訳文応募期間が終了するとレーティング審査期間となり、
他の人がどんな風に訳しているかを見て審査することができます。
これも、非常に勉強になります。


また、翻訳ではいつも、以下がとても重要な点です。

・文章の意味をまず正しく理解する
 当たり前すぎる話ですが、ここを抜かして翻訳をしようとする人が多いです。

・すべての英単語に日本語を当てようとしない
 たとえば、一般的な人を指す「You」などは日本語では省略した方がいいことが多いです。

・忠実な「英文和訳」ではなく、日本語として読みやすく
 かつ原文の意味を忠実に表した「翻訳」を目指す

 たとえば、英語が受動態でも日本語をそのまま受動態にする必要はなく
 能動態の方が日本語として自然に聞こえるならそうする、など。



私のもとには、
「えいみさんに教えてもらった翻訳コンテストで入賞しました!自信になりました」
というメールが続々と届いています。


いつも言っていることですが、
あなたが翻訳の仕事をいつかしてみたいと思っているなら・・・

「もうちょっと勉強してから」
「TOEIC900点になってから」

って待ってないで、とりあえずやってみましょう!


目的は入賞することではありません。

翻訳のトレーニングが無料ででき、
入賞できるかもしれない楽しさがあり、さらに第三者の評価を得られたり
他の人の解答を読んで勉強できる機会が得られるのです。

何も失うものはありませんよ。

⇒ 世界遺産翻訳コンテスト(参加費無料・賞品付き)
(訳文応募期間:2014年10月8日(水)まで)


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

グルメレポート翻訳コンテスト開催中(4/2まで)

私がよくご紹介している、定期的に無料で開催している
翻訳コンテストに応募した方から、こんなメッセージをいただきました。


がんばれば翻訳や通訳ができるかもと思えるようになってきました。

3か月前まで、やりたいけど本当に無理!と思っていたのが、
目指してみようと思えるようになりました。


美術が好きなので、そういうものを翻訳する人になりたいです。
もちろん道は遠いですが。
少なくとも長年の夢である”中級の壁を超える”ことはできるかもと思います。


翻訳コンテストにも挑戦しましたし、これからもしていくつもりです。
日⇔英がこんなに楽しいとは思いませんでした。
誤訳だらけで選者の方が笑っているかもしれませんが、
わたしにとってはいい勉強になっています。

これもちょっと前には考えられなかったことです。
ありがとうございます。



この方からは、後日
コンテストで自分の訳文が上位に入っていたと
ご連絡いただきました。^^

素晴らしいです!!


さて、その翻訳コンテストがまた開催されているようなので
お知らせします。


⇒ グルメレポート翻訳コンテスト(参加費無料・賞品付き)
(訳文応募期間:2014年4月2日(水)まで)


今回の翻訳は、内容的には簡単です。
なんかめちゃくちゃおいしそうに食べてるなあ、という
情景もすぐ頭に浮かびますよね。


が、問題は、というか
これが翻訳の難しいところであり楽しいところなのですが、
口語的すぎて日本語にしづらいかも。


書いてある英語を全部忠実に日本語にしてしまうと、
良いグルメレポートには程遠い、
堅苦しい文章が出来上がってしまうはずです。


かと言って、訳しづらいところを勝手に切り捨てたり
意訳しすぎると、翻訳ではなく「解釈」になってしまいます。


香りや味がこちらにも伝わってくるような
グルメレポートの臨場感を保ちつつも、
英文の意図がちゃんと伝わるような訳文を目指して
頑張ってみてくださいね。


⇒ グルメレポート翻訳コンテスト(参加費無料・賞品付き)
(訳文応募期間:2014年4月2日(水)まで)


手順:
1.上のページから「グルメレポート翻訳コンテスト無料開催中!」をクリック。
2.コンテストページの「お試し会員登録」をクリック。
3.フォームに必要事項を記入するとすぐに発行されるパスワードを書き留める。
4.お試し会員番号(ID)は別途メールにて届く。
5.お試し会員番号(ID)とパスワードでログイン後、
  コンテストページの「訳文を応募する」より訳文を投稿。
 (再度「訳文を応募する」をクリックすると自分が応募した
  最新の訳文が表示され、10回まで変更可。)


やさしめの翻訳が無料で応募できる上、
入賞したら2000円、3000円、5000円の図書カードがもらえます。


翻訳をする際の重要ポイント:

・文章の意味をまず正しく理解する
 当たり前すぎる話ですが、ここを抜かして翻訳をしようとする人が多いです。

・すべての英単語に日本語を当てようとしない
 たとえば、一般的な人を指す「You」などは日本語では省略した方がいいことが多いです。

・忠実な「英文和訳」ではなく、日本語として読みやすく
 かつ原文の意味を忠実に表した「翻訳」を目指す

 たとえば、英語が受動態でも日本語をそのまま受動態にする必要はなく
 能動態の方が日本語として自然に聞こえるならそうする、など。



では、ぜひ頑張ってみてください!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ