英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-


 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

米語のRの音が苦手ですが、たくさんの米語音源を聞くことに心理的抵抗があります

アメリカ文化には興味がなく、イギリスの先生ばかりに英語を習ってきたが
英検などで出てくるアメリカ英語が聞き取りにくく苦労しているという方から
ご相談のメールをいただだきました。

英検1級の1次試験に合格したばかり、英語通訳案内士の資格を取得していて
日本の伝統文化の魅力を外国の方に説明できたらいいなという思いで
ボランティアガイドをしたりしているという方です。


今日は、ずばっと毒舌でいきます。

(質問を一部抜粋)
英検のリスニングなどで流れる米語の、膜のように全編にかぶさったRの音が気になって言葉がよく聞き取れないのです。私としては、Rのないブリティッシュ発音の方がカタカナ的で日本人の耳には簡単で自然に聞こえると思うのですが…このRに慣れるにはどうしたらいいでしょうか?

単純にアメリカ人とたくさん話せば済む話と言われそうですが、周りは英国の先生ばかりですし、文化的にもアメリカに興味はなく、自分もブリティッシュ発音を維持していきたいので、なんとなくたくさんの米語音源を聞くことに心理的抵抗があります…。

ただ、もしこの先いろんな国の方とコミュニケーションを取る場合、米語だけでなくインドアクセントとかイタリアアクセントとか英語に聞こえないような英語に接していかなければならないとは覚悟しています。昨年、5日だけ通ったロンドンの語学学校での各国からの生徒のアクセントの凄まじさは骨身にしみました。

私はどうしてRの音に耳を塞がれてしまうのでしょう?目に例えればなにか霧の中にいるようになってしまうのです。今まで他にそのようなご質問を受けたことはありますか?えいみさんならではのご慧眼で、どこに問題があるのかヒントを頂けたらと思い、思い切ってメールしてみました。




まず、アメリカ英語が聞き取りにくいからどうすればいいかというのは、
アメリカ英語をたくさん聞いて音の特徴に慣れることしかありません。

何の「慧眼」も必要ない常識的な答えで申し訳ありませんが。


このような質問を過去に受けたことがあるかということですが、
特定のアクセントが聞き取りにくいからどうしたらいいかというご質問は
よくいただきますよ。

参考記事:
アメリカ英語とイギリス英語の違い


で、答えは、どのアクセントでも同じことですが
「たくさん聞いて慣れる」しかないです。


たとえば、あなたが東京のご出身だったとして、突然沖縄に住まないといけなくなったら
現地のお年寄りとかの沖縄のアクセントにはすごく苦労すると思うんです。

で、
「どうして自分には沖縄のアクセントが聞き取れないのか?
 自分の耳に何か問題があるのか?」
って悩んだりしないはずです。


「ああ、沖縄のアクセントに慣れていないから聞き取れないんだな。
 今後、生活していく中で慣れていけば、だんだん聞き取れるようになるかな」

って思うでしょう?
それと同じなんですよ。



で。

文化的にもアメリカに興味はなく、自分もブリティッシュ発音を維持していきたいので、
なんとなくたくさんの米語音源を聞くことに心理的抵抗があります…。



ここなんですけどね。


今回引用では省略させていただいた部分に
英語を勉強する目的がはっきりしないということがありましたが、
ここが分かってれば、こんなお言葉が出るわけないんですね。


あなたは、何のために英語を聞き取れるようになりたいんですか?


「ブリティッシュ発音」が聞き取れて、話せるようになりたいからですか?

→じゃあ、別にアメリカ英語が聞き取れなくても良くないですか?


英検1級に合格したいからですか?

→でも、1次試験は合格したんですよね?じゃあ、もう良くないですか?
試験官がイギリス人なら儲けものだし、アメリカ人だったら
聞き取れなかったら聞き直せばいいだけですし。



あなたが英語を勉強し直そうと思ったきっかけというのは、
「日本の伝統文化の魅力を外国の方に説明したい」ということだったのですよね。
だから、通訳案内士の資格も取ったのですよね。


で、アメリカ文化には興味ないから、
お客さんはイギリス人ばかりにするおつもりなのですか?

→じゃあ、アメリカ英語が聞き取れなくても(以下省略)



でも、きっとそうじゃないんですよね。

「イギリス人しかガイドしません」とはいかないだろうし、
アメリカ人の観光客を相手にすることもあるでしょう。

もちろん、それ以外の英語圏の人や、
英語を母国語としない人をガイドすることもあるでしょう。


その時に、
「自分はアメリカ文化に興味がないし、
 ブリティッシュ発音を維持したいから、米語のトレーニングはしたくない」
で、あなたご自身はいいのでしょうか?

日本の文化は外国人に知ってほしいけど、
自分はイギリス英語しか聞きたくないって、おかしくないですか?



どこの発音を身につけたいとか、どこの発音は嫌だとか
そんなつまんないこと(すみません、はっきり言いますが)にこだわるより
人生には楽しくて意義があることがたくさんあります。


せっかく高い英語力をお持ちで、通訳案内士の資格も取って
日本のいいところを海外に発信していこうというあなたなのに、
アメリカ英語をインプットすることに抵抗があるという理由で
可能性をご自身で狭めてしまっているのが、私はとても残念で悲しく思います。



私は、イギリス英語を学びたい、
ブリティッシュの発音を身につけたいという思いそのものは否定しません。

人それぞれ好みはいろいろだし、
他人の志向や興味は誰かが口出しするものではありません。


でも、「私はイギリス英語でないと嫌」というこだわりは
自己満足でしかないし、誰の役にも立ちません。

そのこだわりのせいで、あなたが本当ならコミュニケーションを取ることができて
あなたが役に立つことができるはずの
たくさんの海外の方との出会いを妨げているとしたら、
それは宝の持ち腐れ以外のなにものでもないと思うんです。


これから通訳案内士としての活動をしていくおつもりがあって、
ご自身でも言われているように「いろんな英語に接する覚悟」があるのであれば、
あなたがどこの文化に興味があるとか、どこの発音を身につけたいとかに関係なく
いろんな英語をたくさんインプットするしかないのではないでしょうか。



というわけで、Rの発音が聞き取りにくいからといって
特別なトレーニング法があるわけではなく、
たくさん聞いて、真似をしてみる(不本意かもしれませんが)ことが
一番の近道です。

シャドーイングをすると、自分が発音できる音は聞き取れるので
格段に聞き取りやすくなります。


⇒ シャドーイングでリスニング・発音上達、能動言語も増える!
(ホームページの記事へ)


あと、アクセントやネイティブらしさに関する
参考記事へのリンクも載せておきますね。

流暢な英語ノンネイティブのビジネス英語レベル(私の同僚の場合)
フィリピン人の英会話の先生が強い訛りで正直ちょっと不快になります


お役に立ちましたら幸いです。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

スポンサーサイト

未経験OKの在宅勤務の字幕翻訳者っておいしくないですか?

私は翻訳の求人情報を定期的に見て

「こんな求人があるんだな~」
「未経験OKなのは主にコーディネーターとチェッカーか~ふんふん」
「ジャンルはIT系とメディカル系が多いな~」
「やっぱり日英と英日両方が必要っていう仕事が多いな~」
「やっぱり在宅勤務もかなり多いんだ~」


とか、いろいろとチェックしています。


で、これを書いている現在、
「未経験OKの在宅勤務のドキュメンタリー字幕翻訳者」
っていう求人を見つけたんですが、どうですかこれ?


だってー、憧れの字幕翻訳者ですよ!
ジャンルはドキュメンタリー、映画、ドラマですよ!
しかも在宅勤務ですよ!
しかも未経験OKですよ!

もちろん、採用されるかどうかは別の話だし
条件を見てみないとなんとも言えませんが・・・


未経験OKの字幕翻訳者の求人を見てみる

このページの下半分が求人情報一覧で、その字幕翻訳者の求人は一番上にあります。

(なお、この情報は随時アップデートされると思うので、あなたがご覧になった時には
 もう募集終了で求人が消えている可能性もあります。ご自身で最新情報をお確かめください)


求人への応募や詳しい条件等を見るには会員登録が必要なようですが、
2015年1月12日までは5000円の入会金が無料になるキャンペーン中のようなので、
「入会したいけど、入会金と年会費がね・・・」と思っていたなら、
申し込むなら今しかないかと。



また、同時に翻訳コンテストも開催中なので
会員登録なさったら応募してみてください。

⇒ 福笑い翻訳コンテスト(賞品付き)
(訳文応募期間:2015年1月7日(水)まで)


また、翻訳ではいつも、以下がとても重要な点です。

・文章の意味をまず正しく理解する
 当たり前すぎる話ですが、ここを抜かして翻訳をしようとする人が多いです。

・すべての英単語に日本語を当てようとしない
 たとえば、一般的な人を指す「You」などは日本語では省略した方がいいことが多いです。

・忠実な「英文和訳」ではなく、日本語として読みやすく
 かつ原文の意味を忠実に表した「翻訳」を目指す

 たとえば、英語が受動態でも日本語をそのまま受動態にする必要はなく
 能動態の方が日本語として自然に聞こえるならそうする、など。



私のもとには、
「えいみさんに教えてもらった翻訳コンテストで入賞しました!自信になりました」
というメールが続々と届いています。


いつも言っていることですが、
あなたが翻訳の仕事をいつかしてみたいと思っているなら・・・

「もうちょっと勉強してから」
「TOEIC900点になってから」

って待ってないで、とりあえずやってみましょう!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

自分に自信がない上に英語コンプレックスで緊張してしまい、英語が話せません


「自分に自信がなく、勝手に焦ってしまい、英語が話せない」
というお悩みをお持ちの方から、メールをいただきました。

いつもありがたく読ませていただいています。
私はPCを所有していないため(会社のPCで読んでいます)、薦めていただいた教材等もなかなか活用できないのですが、仕事で英文を読む必要があり、仕事で外国の方ともお会いする機会があるため、参考にさせていただいています。

えいみさんは初めから優秀な方で、私とは人種が違うと思っていたため、とてもとても励まされました。
私は自分に自信がないためか、大勢の前で自分の意見を言えないタイプです。「自分は変なことを喋っているのではないか」と自分自身で勝手に焦ってしまい、赤面し、汗が止まらず、ダメな自分にいつも激しく落ち込みます。
対外国の方ともなると、プラス英語のコンプレックスがあるため、尚更緊張してしまい、ただニコニコと笑っている典型的な英語のできない日本人になってしまいます。
このような人間には、やはり英会話学校などで外国人と接する機会を増やすことが有効なのでしょうか?

----- 引用について -----
名前は伏せた上で引用可



ありがとうございます。


英語を話すときに緊張するということについては、
誰でも最初はそうです。
というか、最初だけでなく普通は結構長い間そうです。


で、
「やはり英会話学校などで外国人と接する機会を増やすことが有効なのでしょうか?」
という問いについては、「はい、その通りです」というのがお答えです。


外国人とたくさん接する。
実際に会話をして場数を踏む。

これしか、英語を話すときの緊張感を
克服する方法はありません。


いくら机で一人で単語を覚えたり文法を勉強していてもダメです。


多くの人が、英語を話すときに緊張してしまうことを

「自分は単語が分からないからなかなか言葉が出てこないんだ。
 単語力をつければもっとスラスラ話せるだろうし、緊張もマシになるはず」

「リスニング力が不足しているから相手の言うことが分からなくて
 会話が成り立たないのだから、リスニング力を鍛えなければ」

と、英語力不足に原因を求めがちです。


これらは、間違いではないのですが
例えば、相手の言うことが聞き取れないと感じるのは
そもそも緊張して焦っているから、本当なら聞き取れるべきものが
心理的な障壁のために聞き取れていないということも多いんです。

緊張しているから、
本当ならスラスラ言えるはずの言葉が出てこないし、
すんなり聞き取れるはずの音が聞き取れないんです。



たとえば、私なんかはしょっちゅう経験がありますが、
大事な会議で通訳をしていて、
発言者の口から知らない単語や概念が出てきたら、その途端に

「うわぁ~、今の分かんなかった!!どうしよう!!!」

と焦ってしまって、その後の言葉が
全く頭に入ってこなくなってしまったりします。


簡単でよく知っているはずの単語を
ど忘れしてしまったりすることも、よくあります。


出席者が親しい人ばかりの気楽な会議なら
そんなこと全く起こらないのに、
社長がいる大事な会議ほど、こういうことがある。_| ̄|○

大事な会議は、緊張してるからです。


だから、英語力そのものを高めるという努力も必要ですが、
英語を話すという機会をたくさん持つことが
緊張感を克服するには有効です。


できれば、週1回のグループレッスンとかじゃなく
(グループレッスンなんて、あなたが話す時間は5分くらいですから)
マンツーマンのレッスンを週2回くらいできれば理想的です。


でも、お仕事をしているとなかなかそんな時間もないでしょうし、
住んでいる地域によっては英会話学校が近くにないという方も多いので、
私はスカイプ英会話をお勧めしています。
フィリピン英会話なら、金額的にもかなり抑えられます。


オンラインの英会話レッスンについて
ホームページに記事をたくさん書いているので、
ご興味があればどうぞ。

⇒ 「英会話レッスンの正しい使い方と心構え」の記事一覧



なお、最後に、このメールをくださった方は
パソコンをお持ちではないということなので、
オンライン英会話レッスンは現実的ではないかもしれません。

が、ぜひ申し上げておきたいのは、
パソコンはできるだけ早く買ってください、ということです。


パソコンがないということで、どれだけの機会を損失しているか。
パソコンがあれば、今よりどれほど英語学習の幅が広がるのか。

パソコンに投資して、その結果手に入れた英語力で
将来にどれほどリターンがあるのか。


それを考えると、決して難しい決断ではないと思います。
もちろん、パソコンを所有することができない事情があるなら別ですが、
普通にスカイプとネットができればいいなら、10万円くらいでいくらでもあります。



というわけで、お役に立ったら幸いです。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。