TOEICのもやもやが晴れました - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

TOEICのもやもやが晴れました

「TOEICからスッキリ卒業できるレポート」の感想で
とっても嬉しかったものを一通ご紹介させてください。

Sさん、ありがとうございました!



(引用ここから)

> TOEICマニアをバス釣りに喩えてのお話、笑いました。

> もう、座布団10枚!
> 私が長年、TOEICについて もやもやしていたことを
> こんなにも 鮮やかに文章にして解明して頂いて、

> 溜飲が下がるというか、
> 本当に 頭の中の霧が晴れたというか。


> 英検はやめて、やっぱりTOEIC満点を
> 先に目指そうかと 逃げかけていた自分に
> 改めて喝をいれることができました。


(引用ここまで)


※ まだレポートをお読みでない方は、
このブログの右上からどうぞ。



TOEIC満点を目指すことイコール逃げってことでは
もちろんないんです。


TOEIC満点より英検1級合格を目指すのが
絶対に正解というわけでもないです。


結局、「あなたの目的」次第なんですよね。



たとえばですけど、

私がこれからTOEIC講師になると決めたとしたら
そのときはもちろん、満点を目指しますし

TOEICという試験を研究して分析しないといけませんから
問題集も買い込むだろうし、何度も受験すると思います。


というか、して当然ですよね。



今みたいに
「パート5ってどの問題のとこですか?」
なんて悠長なことは言っていられないわけですし(笑)




私、点取りテクニックが嫌いなわけじゃないです。

むしろ、テクニック大好きです。


出題者のクセをつかんだり
おととしはこうで去年こういう問題が出たから今年はこうとか
分析するのも得意です。


それが、以前やっていた塾講師の仕事において
かなり重要な部分でもありました。


じゃあ、そんなに好物の点取りテクニックを
英検やTOEICでは追求しないのか?



もちろん、お分かりですよね。



「目的」が違うからです。


塾講師のときの目的は、

「生徒を合格させる」

ただそれだけでした。



誤解をおそれず思い切って言えば、
「合格さえすれば何でもいい」わけです。

あ、もちろん不正はダメですけど。



いい大学に入りさえすれば
人生が変わるなんて思ってはいませんけど、
生徒やその家族にはそのくらい重大なことです。


点取りテクニックに頼って合格させた生徒は
大人になって苦労するのかもしれませんし、

「実社会で役に立たない小手先のテクばかり教えやがって」と
将来恨まれてしまうのかもしれませんが、(ガーン)


塾も実績がなければつぶれてしまいますし、
私もクビになってしまいますし、
キレイ事ではやっていけませんからね。



私も、「どの大学に入るかはそんなに重要じゃないよ」って
生徒にいつも言ってはいましたが、
(塾講師には禁句かもしれませんよね)

私も受験生のときは
それこそストレスで頭に10円ハゲを作りながら
受験戦争の波にもまれたので、(笑)
生徒の気持ちは痛いほど分かります。


だから頑張る生徒に「合格しなくてもいいじゃん」なんて
言えるはずもないですし、
結局は「合格させてあげる」ことが一番の目的でした。



でも。


英検1級は、大学受験と違って
「合格すれば何でもいい」わけじゃありませんでした。


もちろん、「不合格でもいいや」と思いながら
勉強していたわけではありませんし、
合格はどうしてもしたかったです。


でも、「合格すれば大学に入れる」とかではないので
合格そのものの意味は、前に書いたとおり
「自己満足」以外にはほとんどないと思っています。


あ、英検1級合格で試験の科目免除とか、
大学の単位として認められるとか、

そういう場合は「目的」があっての合格ですので、
自己満足じゃないですけどね。




TOEIC高得点でも、同じことです。


履歴書に書ける点数を、とか
昇給や昇進に必要、とか

そういう目的があるなら、テクニックに頼ればいいと思います。


もちろん、「一時的になら」ということで、
いずれ本当に英語が必要になった場合は
それなりの勉強をしないといけないので
点取りテクニックだけでは乗り切れないですけど。



でもね、


そうじゃない人は、
合格や点数だけにこだわっても
仕方ないんですよ・・・



う~ん、「仕方ない」という表現は
ちょっと違うかもです。


「もったいない」です。


うん。
もったいない。



その時間と労力を使って
実践練習を積んだ方がずっと有効です。


・ 生の英語でリスニング訓練をする。

・ 瞬間英作文で会話訓練をする。

・ 英字新聞や英語ニュースを楽しめる語彙を身につける。

・ 翻訳コンテストに応募して自然な英語を書く訓練をする。

・ シャドーイングで発音と耳を鍛える。



どれも、私が行った(行っている)訓練で
英語の実践現場でめちゃくちゃ役立っているものです。

(全部HPに書いてます⇒ 独学で英語の達人HP



で、
「そういう訓練は、TOEICでも英検でもできるじゃないですか」

という反論もきっとあると思うんですが、



TOEICと英検では実践演習ができないって
言ってるんじゃないんですよ。



「あなたはどういう英語力を身につけて何がしたいのか、
完成形が頭の中にありますか?」

っていうことです。



それがきちんと頭の中にあって、

その上でTOEICの点数や英検合格を目指すなら


それでいいです。



私も、「英検1級合格」を目指して勉強した時期が
当然あったわけですから。


でも、その先にある「完成形」はいつも頭に描いてます。



「目的」が大事です。



・・・って、
それは分かってるんだけど、

英語でどうしたいのか、今はまだよく分かんないんだよね~



そういう方も多いですよね、きっと。



私も最初から完成形があったわけじゃないです。



完成形がどうやって見えてきたかという話は、
また次回にでも書きますね。




↓ クリックで応援していただけると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。