英語学習の目的を見つける方法 - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

英語学習の目的を見つける方法

TOEIC のもやもやが晴れました(前回の記事)で、
TOEICの点数や英検合格だけを目標に勉強するのは
もったいないですという話をしました。



どうせ勉強するんだったら、


・ 英語を勉強する目的をはっきりさせましょう。

・ 目的につながる勉強をしましょう。

・ 問題集を解くばっかりじゃなく、実践練習を積みましょう。


その方が効率がいいですよ、と。



でも、

「私が英語を勉強する目的って・・・なんだろう?」

そう考え込んでしまう人も、実はとても多いのではないかと思います。



「そりゃ、しゃべれるようになりたいし、
映画だって字幕なしで見られたらいいなとは思うし、
スラスラ英語が読めて書けた方がもちろんいいし、

でも・・・結局自分はどうしたい・・・の?」




あなたも、そんな感じですか?





よかったら、私の過去の話を聞いてください。



私が塾講師をはじめたばかりの頃、
英語を使ってどうしたいとか、英語を勉強する目的とか、
考えたこともありませんでした。



目的があるとすれば、
それは生徒の成績を上げて、合格させて、
職場での自分の評価を上げるということだけ。




で、当時の勉強法ってどんなのだったかなと考えると
高校生用の問題集をひたすら解いて、研究する。

それだけだったんですね。



だから、1年間もそればっかりやっていれば
見た瞬間に答えも分かるし、
どうやって生徒に説明したらいいかも分かるし、
出題者の気持ちさえ分かるようになりました。



だから、試験対策を教える講師という役割で考えると
それはそれで良かったですし、
雇い主からもいい評価をもらえていました。




でも、それって私がずっと否定している
「試験のためだけの英語の勉強」だったんですね。


で、その後自分がどうしたいかよく分からなくなって
目標も見失ってしまって、
結局たった2年で辞めてしまいました。



で、「英語を使った(講師以外の)仕事がしたい!」って思って
派遣の登録に行ったり、就職斡旋のお話を聞きに行ったり
いろいろ将来進むべき道について模索していました。



でも、当時はいろんな意味で甘かった。


試験対策のテクニックを知っているので、
TOEIC980点はすんなり取れたし、
これだけTOEICの点数があれば、雇ってくれるところはあるでしょ、と。

(あぁ自信過剰 汗)



就職斡旋のコーディネーターの男性に、こう言われました。


「これから、英語を使ってどうなっていきたいんですか?
何が目標ですか?」


はっきり言って、何も答えられませんでした。



かろうじて出た言葉は、

「ほ・・・翻訳、とか?」



ぴしゃっと、こう言われました。


「翻訳の仕事がしたいと言って登録にいらっしゃる方は、
はっきり言ってたくさんいます。

TOEICの点数が高いから英語を生かした仕事がしたいって人は
正直言って使えないです」



つまり、翻訳の仕事がしたいという強い気持ちもなく
ましてやそのために翻訳学校に行くなりトライアルを受けるなり
具体的な行動さえ何もしていない人に、

紹介できる仕事なんてありません、と。



そりゃそうです。



当時の私は、
塾講師という肩書きがなければ、

ただの「試験勉強マニア」でしかなかったんです。



そんな人間がビジネスの現場で通用しますか?





100%通用しないです。



_| ̄|○ ガクッ






やっぱり、私の居場所はここだ・・・

と、「試験勉強マニア」の価値が発揮される唯一の場所、
講師の仕事に戻ることになったんです。


(※ 塾講師がみんなそうであるという一般論ではありません。
あくまでも、私個人の話です)




塾講師の仕事は、大好きでした。


試験勉強のコツを教え、小手先のテクニックも教え
それで結果を出した生徒や雇い主に喜ばれることも嬉しかったです。



でも、仕事としてはそれでも良かったのかもしれないけれど
「私」の英語スキルという面では、どうなんだろう。

ほんとにこれでいいんだろうか。



そう、悩むようになりました。




長くなってきたので、次回に続きます。

⇒ 英語学習の目的を見つける方法(2)へどうぞ



↓ あなたのクリックが、記事更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。