英語教材を選ぶ基準、持ってますか? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

英語教材を選ぶ基準、持ってますか?

いきなりですが、あなたは
教材を選ぶ「基準」、きちんと持ってますか?



え・・・
基準なんて、ないかも・・・

ていうか、いろんな人のブログとかを見てたら
紹介されてるものが片っ端から気になるし。

で、本屋さんに行ったら、どれもこれも良さそうに見えて
次々に新しい英語学習本を買っちゃうんだよねぇ・・・




あなたはこれ読んで、

「まさに~っ!!私のことだ!!」

じゃないでしょうか(笑)




そんな方に、とても参考になる
ある読者さんのメッセージをご紹介します。


この方は、アルクの通信講座を受講されていて、
以下は私のメール講座の課題にお答えくださった内容です。



***引用ここから***


問3. あなたが勉強法や教材を選ぶときの基準は何ですか?


> 内容が 読むだけでも面白いもの。イントロや効果音が本格的なもの。
> センスのいいイラストや写真があれば尚良し。

> ある程度 ながら勉強できるもの。
> ちょっと値段が張るもの(もったいなくて止められないから)。

> 今やっている ボキャビルマラソンは 全て満たしていて、大満足です。


***引用ここまで***



なにか、感じるものがあったでしょうか?




■ えいみの「教材を選ぶ基準」


私は、この方の基準、すご~く共感するんです。

まず、「やって楽しいかどうか」っていうのは
私には絶対に外せないポイントです。



だから、この方がおっしゃるように、
コンテンツそのものの面白さとか、視覚的なこととかも
かなり重視します。

英語には直接関係ない部分なんですけどね。



で、それはなぜなのかというと、
えいみ母の教えなんです(笑)


普通、中学生くらいから
だんだん自分で参考書とかを選んで
買うようになるじゃないですか。



で、初めて自分で参考書を選んで買おうとしたとき、
「いっぱいあってどれがいいかわからん~」
と、母に言ったんですね。


えいみ母は、
中学生だった私にこう言いました。


「見た目で選べ」と。



・・・見た目ですよ?中身じゃなく。



母いわく、

そりゃ、中身も大事だけど、
本屋さんで売ってる参考書なんて、
何を買ってもそんなに大差ない。


だったら、感覚的に

「お、これは楽しそう♪」

と思えるものを選びなさい、と。



・ 文字の並び具合とか、
・ 行間の間隔とか、
・ ページの色使いとか、
・ イラストとか、


直感的に、これは楽しそうだ、
というものじゃないとダメ。



じゃないと、絶対に続かんよ。



まあ、当時から20年くらい経ちますかね。

今さらながら、すごくいい教えだったと思います。



母の言いたかったこととしては、
「見た目」そのものが問題なんじゃないんですよ。


「楽しい!」と思えて、
結果的に続けられるかどうかが重要。

そういうことなんです。



いくらすっごく優秀で有名な先生が書いた本で、
いくら内容が優れているからといっても、


その参考書を開くたびに
びっしりと無機質な文字が並んだページを見て

「あ~、これ、やんなきゃいけないのか~~」

ってため息が出るようじゃ、
どう考えても続かないと思いません?



根性のある人なら別なんだと思いますけど、
私はナマケモノの根性なしですので・・・(汗)




それから、「ながら勉強できるもの」っていうのも、
私は大賛成です。




これも、理由は同じ。

継続できるからです。



通勤時間に英語のCDを聞き、シャドーイングをし、
家事をしながらオーディオブックを聞き、

ちょっとした待ち時間に単語を覚え、


そんな適当な勉強法でも
英語って身につけられます。


継続さえすれば。



私のホームページを読んでくださった方は
よくご存知だと思いますが、


現に私は、これまでかなりの勉強を
ながら勉強でやってきています。



前回の記事で書きました。

苦労してないように見える人でも、
勉強量が少ないわけではないって。



私は、自分が「苦労して」英語を身につけているとは
全く思ってないです。


むしろ、楽しみながら継続しています。


でも、これまで「ながら勉強」を含め
(っていうか「ながら勉強」がほとんどか。笑)

英語に触れてきた量は、やっぱりハンパないです。



これだけは、自信を持って言えます。




で、最後は、これ。

> 「ちょっと値段が張るもの」


私はこれ読んで、大げさですけど感動しました。(笑)



この質問で、この答えをくださったのは
たぶんこの方お一人だけだと思います。

「手軽に買えるもの」っていう人はいたと思うんですが。



実は私も、ここはすごく重視しているんです。



これについては、話が長くなってしまうので
また次回に書きますね。



> 今やっている ボキャビルマラソンは 全て満たしていて、大満足です。

とのことで、この方が受講している講座にご興味がある方は、
えいみの体験談を読んでみてください。

⇒ 英検1級レベルの語彙力を身につける


アルクの講座は、今月末まで5%オフなので
迷っていた方は、チャンスかも。



自分のレベルに合っているんだろうか・・・と
お悩みの方は、お気軽にメールしてくださいね。

⇒ えいみにメールする

お勧めできない人にははっきりそう言いますので
安心してください。



それから・・・

ちょっとでも納得できなかったり
何か違和感があったりする場合は、

申し込みはやめておいてくださいね。



それだと、絶対続きませんので。(笑)

(結局そこに帰るんだな。)



↓ お役に立ったら、クリックしていただけると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。