自分の実力を無視して、難しいことばかりやってませんか? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

自分の実力を無視して、難しいことばかりやってませんか?

最近、いろんな方からメールをいただいて、思うこと。



「ちゃんと基礎をやろうよ・・・ ーー;」




どの方も真剣に英語学習に取り組んでるのは間違いないです。


見ず知らずの私にメール相談を送るっていうだけで
相当な勇気とエネルギーがいると思うし、(ありがとうございます 涙)

いったい何を勉強すれば・・・という深い悩みを、
相談者さんのメールからひしひしと感じます。



で。

みなさんのお悩みは深くても、
私の答えはすっごくシンプルなんですね。



「あなた、自分の実力を無視して難しいことをやりすぎです」



あ、こんな失礼な書き方はしないですよ。(笑)
でも、メッセージとしてはこれに尽きるんですね。




まだ基礎ができていない状態なのに、

英字新聞を読んだり、瞬間英作文をしたり、
海外ドラマを字幕なしで見たり、通訳学校に行ったり。


そんな人があまりに多くて、正直びっくりします。



基礎をすっとばしてそんな難しいことやっても
しんどいばっかりで全然身につかないのに・・・



何度も言ってますけど、
これらが単なる趣味で、あなたが好きでやってるのなら
別にいいんです。


または、どうしても何か差し迫った目的があって
その訓練を応急処置的にやってるだけであれば、それも構いません。



でも、
あなたが長期的に英語をマスターして
最終的には英語の上級者になりたい場合。

(ま、何をもって「上級者」かという定義はここでは置いておきますが)


基礎は、絶対に、絶対に、避けては通れません。



ぐにゃぐにゃの土台の上に無理して家を建てようとしてもダメ。



私がここで言う基礎っていうのは、

「リスニング・語彙・文法・発音」です。



これらがしっかりしていてはじめて

英字新聞を読むとか、CNNニュースを聞くとか、
瞬間英作文で英会話を鍛えるとか、
通訳翻訳のトレーニングをするとか


そういう勉強が効率よくできるわけです。



こう書くと、特に文法アレルギーの人なんかで

「文法なんて学ばなくていいんだ!
日本語の文法は知らなくても日本語はしゃべれるし、
実践の中で自然と身につくものなんだから」


って言う人が、絶対にいるんですけどね~。



確かに、学者になれるほどのマニアックな文法知識は必要ないです。

また、「英語が話せるようになりたい!」と強く思う人にとっては、
文法の勉強をすることが直接英会話の上達に結びつくような
イメージがわかないのも、よく理解できます。


文法なんか勉強したって、しゃべれるようにならないじゃん、と。




確かに、文法を勉強したから
すぐに話せるようになるかと言えば、そんなことはありません。

文法の知識はあるはずなのに、全然しゃべれない・・・
という人がたくさんいるのは事実。


私自身もかつてそうだったですしね。



でも、文法を全然勉強してない人(ノンネイティブ)が
本当の意味で高いレベルの英語が操れるかというと、
それも【絶対に】有り得ないことなんです。


文法については、語りたいことが山のようにあるので(笑)
近い将来、きちんと体系的にお伝えしようと思っていて
準備をしているので、気になる方は引き続きチェックしてくださいね。




■ 基礎力とTOEIC


ところで。

文法だけでなく語彙、リスニング、発音などの基礎を
がっちり固めて行った場合、


英字新聞とか、海外ニュースとか、そういう応用トレーニングをやらずに
基礎だけでどのレベルまで行けるかというと・・・


TOEIC何点くらい行けると思います?




900点くらい行けますよ。


基礎練習だけで。
^^^^^^^^^^^^^^^^^



・・・意外ですか?



私がTOEIC900点を超えたときは
英字新聞なんてまともに読んだことありませんでしたし、


基礎的なリスニング教材を聞きまくって
高校生レベルまでの語彙と文法を固めただけですから。


(もちろん、それだけでは全然しゃべれなかったですけどね 汗)



当時、私はフルタイムで塾講師を始めたばかりで
高校生の授業の予習が自分の勉強みたいなものでした。



いわゆるビジネス英語には全くなじみがありませんでした。
(塾では教えないので・・・)

単語も「英語の多少得意な高校生レベル」だったと自覚してます。


毎日NHKのラジオ講座を通勤中に聞いてましたが、
杉田敏先生のやさビジ(当時)はついていけなかったので
基礎英語1~3とその上のレベルの番組ばっかり聴いてました。


講座の難易度としては、中学生~高校1年生レベルです。


そんな状態でも、900点。



これは、なにも
「私がそうだったからあなたもそうです!」という話ではなくて、


TOEICの問題のレベルを見てもそう言えます。


文法であれば、
高校で習うくらいの内容が確実に分かっていれば
ゆっくりやれば解ける問題ばかりです。


(語彙は高校生レベルだと厳しい部分もなくはないのですが)



私の強みは何かというと、
基礎だけは、もう、アホみたいに大量にやっているわけです。


高校レベルまでの問題なら、目をつぶってても解けます。(←ウソ)


でも、難しいトレーニングみたいなものは
ほんとに、全くと言っていいほどやってないです。

(その代わり通訳になってからはめちゃくちゃやってますけどね)


応用トレーニングも基礎があってこそ
効率よくできるんです。



結局、

本当に高校生レベルまでの学習が完全になれば
TOEIC900点くらいは難しくないはずなんです。



頑張ってるつもりなのに
どうやってもTOEIC900点に行かない人。

それは、基礎となる土台がまだぐらついているからです。


それ以外に理由はありません。


上でも書いたように、
900点に到達するのに特別な勉強は必要ないですから。




文法に穴があるのかもしれないし、
語彙力・読解力・リスニング力に問題があるのかもしれない。

「一瞬で答えを探し出す」スピードが不足しているのかもしれない。


で、一瞬で答えが探せないということは、
つまり知識がまだ完全ではないということです。






今日言いたかったことは、

基礎は大事なので
アホみたいに大量にやってください、ということです。(笑)



↓お役に立ったら、クリックしていただけると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。