英語、どれくらい話せますか? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

英語、どれくらい話せますか?

まあ、「英語、どれくらい話せますか?」と質問しても
ほんとに答えは人それぞれだと思うのですが・・・



「一切話せません!」

「ほんとに簡単な受け答えなら・・・」

「旅行で道を尋ねたりホテルにチェックインできるくらいなら・・・」

「全然流暢じゃないけど簡単な世間話くらいはできるかな・・・」

「興味がある内容なら多少突っ込んだ話もできるけど・・・」

「極端に自分が知識がない話題じゃなければ何でも大丈夫」



まあ、すっごくザックリしたレベル分けですけど、今日は、


・ 「全然流暢じゃないけど簡単な世間話くらいはできるかな・・・」

・ 「興味がある内容なら多少突っ込んだ話もできるけど・・・」


このあたりの方にとてもお役に立つ話かなと思います。



このレベルの人は、英語は一応話せるんだけど
使える言い回しが限定的っていうのがひとつの特徴です。


こんな症状、あなたも心当たりないでしょうか。


・ 常に同じようなパターンの文章ばっかり使っている。

・ 常に短い文章を「and」でつなぎまくっている。(笑)



「あ~!!あるある!!!」
という感じでしょうか。


なんでこんな症状になるかというと。



・・・それは、
自分が心地よく使える構文ばっかりしか使ってないからです。



自分が知ってる、使い慣れてる構文という
快適ゾーンの中でだけ英語を使っているということです。


それが悪いと言っているのではないですよ。
それで目的は達成されるし、不自由を感じないのなら大丈夫です。



でも、私なんかは、昔は
いつも短い文章をブツッ、ブツッとしか言えなくて
それをandでつなぎまくって話すことしかできませんでした。

それを「超かっこ悪いよな~」ってずっと思っていて。


いろんな構文を駆使して、長いかたまりを関係代名詞でつなげて
スラスラとかっこ良く話したいなとずっと思っていました。



でも、どうやって改善したらいいかも分かりませんでした。



・・・さて、あなたは

どうやって改善したらいいと思います?







これは、ほんとに単純な話なのですが、

自分の快適ゾーンの外の構文を使うトレーニングを
しなきゃいけないんですよね。



あれですよ。
筋トレと同じです。


いつも使ってる筋肉ばっかりじゃなく
普段使ってない筋肉を動かすトレーニングをするんですね。


最初はちょっと痛かったりしんどかったりするけど、
だんだん慣れていけばそれがやがて普通になる。


そんな感じです。



自分が使い慣れていない構文を使って話せるようになるのに
とても有効なトレーニング法は、「瞬間英作文」です。



私自身がこの瞬間英作文で
見違えるように英語が話せるようになったんですが、

⇒ えいみのHPの瞬間英作文に関するページ一覧



瞬間英作文というのは、
日本語の文章を読んで(聞いて)、それを
瞬間的に英作文をして口に出すというトレーニング法です。



瞬間英作文っていうのは、あらゆる文法とか構文を使って
文章を組み立てさせるように作られているトレーニング法なので、

自分の言い慣れてるパターンだけではとても対応できません。


だから、最初は
「イテテテテ・・・」という感じで、使い慣れてない構文を
口に出して慣れていくことになります。



で、トレーニングを進めていくと、
新しいパターンを使って文章が言いやすくなってきて、

そのうち、そのパターンは「新しい」じゃなく
「快適ゾーン」のパターンになるというわけです。




すごく当たり前だけど大事なことなんですが、
英語の「文章」って、数は無限大です。


でも、そのパターン(構文)って考えると
ほんとに少ないんですよ。



たとえば、「文型」という点で言えば
英語の文章って、どんな文章でも、
5つしか種類がないんです。たった5つ。

あんな文章もこんな文章もそんな文章も
分類したらたった5種類しかないのか・・・って思ったら
なんか感動すらしてしまうのは私だけでしょうか(笑)



で、「文法項目」という点で言えば、
どんな文章も、たった20から30くらいの
文法項目しか使われていません。



だから、その数限られたパターンを
自分の快適ゾーンに入れてしまえば、

どんな場面でも、どんな内容のことでも自由自在に話せるという
スピーキング力がつくということです。
(もちろん、ある程度の単語は必要ですが)



こんなふうに、自分が使い慣れていないパターンを
自分の快適ゾーンに入れるのに最適のトレーニングが
瞬間英作文なんですね。



私がお勧めしている英語学習法の中でも
読者さんにダントツ人気なのがこの瞬間英作文なので、
ご興味があったら読んでみてくださいね。

⇒ えいみのHPの瞬間英作文に関するページ一覧



あ、そうだ。

瞬間英作文で一番お勧めのトレーニング教材がこれなんですが、
⇒ YouCanSpeakで独学英会話


この教材の開発者のDr.キノシタが、
しあさってNHKの「英語でしゃべらナイト」に出るみたいで、

私は絶対に見ようと思って
手帳とかいろんなところに書いてます(笑)



12月18日(金)の夜10:45~です。

LとRの発音がテーマみたいですよ。
私と一緒に見ません?



って言っておきながら忘れたらどうしよ・・・

金曜日の夜はいつも淡麗グリーンラベルが
私を呼ぶんですよね・・・(爆)





↓ お役に立ったら、クリックしていただけると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。