英語学習では日本語は単なる補助輪 - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

英語学習では日本語は単なる補助輪

「英語を勉強するとき、日本語は全て排除しなくちゃいけないのでは?」

「どうしよ~!!日本語を頭に入れてしまうと英語脳ができない!」


そう悩んでいる人が本当に多いみたいなんですが。


※昨日の記事の続きです。
⇒ 海外にいるのに日本の教材を使うなんて


私は、日本語を使うかどうかで
そんなに神経質になる必要なんてないと思っています。


そして、「日本語を使った勉強法」って
すごく誤解されているとも思います。



たとえば、

「知らない単語はすべて英英辞典で調べて、
その説明文の中に知らない単語が出てきたら
また英英辞典で調べて・・・ということをやっていれば
そのうち英語脳が身につきますよ」

という勉強法、よく聞きますよね。


理屈では、その通りだと思います。
ボキャブラリーも増えるし、読解力も上がると思います。





・・・でも、それをあなたは毎日できますか?

ちゃんと継続するんですか?







「・・・アタシは嫌じゃ」 (byえいみ)


(苦笑)




そうじゃなくて、「ながら勉強」できたりという
効率向上のために日本語を使っているんです。


そして、最初の段階で日本語を補助として使って
頭の中にパッとイメージする足がかりにしているだけなんです。



あれです、
自転車の練習の補助輪みたいなもんですよ。


あなたは、子どもの頃、
自転車の練習は最初はコロつきじゃなかったですか?



コロつきでしたよね?


いきなりコロなしで練習しても
すぐコケるし、怖くて集中して練習できませんからね。




最初はコロつきで練習して、
だんだんバランスの取り方がわかってきたら、
そのうち気がつくとコロがガラガラ音をたてずに
ちゃんとまっすぐ自転車に乗れていることに気づく。


そんな感じで、自転車の乗り方を覚えましたよね?



自転車に乗れない人がいきなり補助輪なしで練習するのと
補助輪つきで練習するのと、どっちが上達が早いですか?


絶対に補助輪ありですよ。



まあ、英語学習と簡単に比較はできませんし、
どうしても日本語があると嫌っていう人に
無理強いするつもりもないですけどね。



で、何が言いたいかというと、

日本語は、私にとっては
単なる「理解を助ける補助」でしかないです。


補助輪が外れたら、
英語のままで理解できるわけです。


それから、いつも日本語にばっかり訳していたら
全部訳さないと理解できなくなるというのも、嘘です。


私は通訳ですけど、訳さなくていいときは
訳さずに英語のまま理解できます。



それについては、この記事で詳しく書いてます。

⇒ 「日本語を使って語彙を勉強する利点」(2010年2月1日の記事)





というわけで、結論は
どこに住んでいようと関係なく、
一番効果があって一番継続しやすい勉強法を選べば
それでいいんじゃないでしょうか?




そりゃ、現地の学校に行くとか
現地で英語で買い物をするとか、
現地で英語を話す友達と付き合うとか、

そこでしかできない勉強や経験は、とても有意義なものです。



でも、それ以外は・・・?


海外でひたすらあっちのドラマ見たからって
それだけで劇的に英語力が伸びるわけじゃないのは、
あなたもよ~く分かってると思います。


というか、今の時代、日本にいても
ケーブルテレビやインターネットで同じことできますからねぇ。




結局、自分ひとりでやる勉強なんて、
どこに住んでてもやるべきことは同じなんですよ。


単語を覚えて、文法を勉強して、
リスニングを鍛えて、発音を学んで
基礎力を完成させて、


その上で英会話、読解、ライティングを身につけて
総合的な英語力を身につける。


それだけです。





今日の話が「へぇ~、納得!」だった方は
このページもかなり参考になると思いますのでどーぞ。

私が英会話のトレーニングをするとき、
どうやって日本語、英語、イメージを使い分けて、
どうやってそれぞれを利用しているのかを詳しく書いてます。


⇒ 効果的な英会話のコツは「絵を思い描く」こと

画像はしょぼいですがかなりの自信作です(笑)



↓ ちょっと更新が途切れると一気に圏外に吹っ飛んでしまったので
  応援のクリックをしていただけると泣いて喜びます
人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。