ドキュメンタリー映像翻訳コンテスト - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

ドキュメンタリー映像翻訳コンテスト

アルクで「ドキュメンタリー映像翻訳コンテスト」というのをやってます。

⇒ 第1回ドキュメンタリー映像翻訳コンテスト



締め切りが4月12日(月)までとギリギリなのですが、
(紹介するのが遅くなってごめんなさい
参加は無料なので、ピンと来た方はぜひこの週末あたりに
頑張ってやってみてください。


個人的には、英語の基礎がある程度できた人は
問題集ばっかり解いていないで、こういうのにどんどん挑戦した方が
ずっと実用的で役立つ英語が身につくと思います。


私も実際に新聞の翻訳コンテスト(無料)で翻訳力を磨いてきました。
和訳にしろ英訳にしろ、それまではガッチガチの学校英語しか知らず
とても翻訳でお金をもらえるレベルではありませんでしたから・・・

ほんと、あの日々があるおかげで今があります。



もちろん、本気で映像翻訳者になりたい人は応募するしかないですが、
そうではない人もこういうチャンスにはどんどん挑戦していくべき。


そりゃ、応募するからには入賞を狙いたいですが
重要なのは、入賞するかどうかではなく、実務的な英語のスキルアップです。


レベルは2種類(初級者編・上級者編)あるので、
ご自分のレベルと目的にあわせて選んでもらっていいのですが

たとえばですよ、「初級者用」で(一番下の賞でも)入賞したとしたら
それを堂々と履歴書とかに書いておけばいいんですよ。


TOEICと英検ばっかり見慣れてる試験官は
「おっ」って思うんじゃないでしょうか?



とにかく、失うものは何もありませんので
「また今度・・・」じゃなく、今、行動してみてくださいね。

⇒ 第1回ドキュメンタリー映像翻訳コンテスト



↓ お役に立ったらクリックで応援お願いします!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。