私たち夫婦の終戦 - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

私たち夫婦の終戦

昨日、8月6日は、特別な日でした。
この日を記念して、今日は特別号をお送りします。





私は被爆地ヒロシマの出身です。

また、その原爆を投下し、
現在も核兵器を保有しているアメリカ出身の夫がいます。



正直に言うと、結婚するまでは
それを深く考えたこともありませんでしたし、
平和についてあえて話し合ったこともありませんでした。



私は、何となく

「彼もヒロシマに住んでいるのだし、
原爆の被害がすさまじかったことも知っているだろうし、
優しい人だもん、反核反戦の思いを持ってないはずがない」

と勝手に思っていました。



でも、一緒に住んでみてはじめて、二人の間には
越えられない大きな大きな溝があることが分かりました。


戦争に対する根本的な考え方の違い。




普段はとても優しくて、他人との争いも全く好まないし
とにかく人が好きな夫なのに、
戦争のことになると、いつもお決まりの言葉を発するのでした。



「アメリカが世界の平和を守ってるんだ」


「武力を持たない国が侵攻されたら、
罪のない市民を救えるのはアメリカしかない」


「テロリストから身を守るために、核兵器が必要なんだ」



これらはどれも、被爆地ヒロシマで育った私には
到底受け入れられない考え方でした。


何度話し合っても、いつも平行線。


しまいには喧嘩になってしまうので、
いつしか「戦争」の話は、二人の間ではタブーになっていました。




私は、いつも原爆記念日、終戦記念日の時期に放送される
平和関連のテレビ番組を見ることにしています。



ですが、夫は、
原爆を取り上げた番組には見向きもしませんでした。


広島に住んで何年にもなるのに、
原爆資料館にも行ったことがありませんでした。

「一緒に行こう」と誘っても、嫌がるのです。




「もちろん被爆者が辛い思いをしたのは申し訳ないけれど、
アメリカが核兵器を保持するのは正しいことだし、
核兵器は平和を守るために必要である」


そう考えている以上、
あまりにむごい原爆の悲劇を直視してしまうと
自分を保てなくなると予感していたのだと思います。




そんな彼が、2年前の8月6日、
私と一緒にテレビの平和関連の番組を見始めました。



その頃、夫は日本語の練習のために
積極的に日本のテレビ番組を見始めていたので、
最初はきっと深く考えてもいなかったと思います。




テレビでは、広島とニューヨークを中継で結んで
核兵器廃絶をテーマにした市民の討論番組が放送されていました。



パネラーは、
被爆者、大学教授、政治家、学生、会社経営者など様々。


日本人のパネラーは、全員が核兵器廃絶を支持する立場。
一方、アメリカ人パネラーには両方の立場の人がいました。



核兵器廃絶に反対の立場を取る人たちは、みな
夫と同じことを言っていました。


「核兵器を廃絶しようと言うのは簡単です。
でも、その結果またテロの標的になったらどうしますか?

アメリカ政府には国民の安全を守る義務があります。

また、アメリカには、核兵器を持たない
日本のような国の人々を守る国際的責任もあるのです」




黙って聞いていた夫が、
私が想像もしなかった言葉をつぶやきました。





「おかしいな・・・

前は自分がまさにこう考えていたはずなのに、
今はすごく違和感があるんだ」




私がどうしてと尋ねると、
彼は、今はよく分からないと言いつつも、こう答えました。



「きっと、そういう主張に以前ほどさらされていないからかな」





夫は、アメリカに住んでいた頃は
毎日のようにメディアが報じる


「世界警察としての国際的役割」
「テロとの戦い」


そんなスローガンのもと、戦争、核兵器を容認するよう
社会に仕向けられてきたのだと思います。


言ってみれば、洗脳のようなものかも知れません。



また逆を言えば、私も平和学習の盛んな広島で育ちましたから
反戦、反核のメッセージに、他県の日本人以上に
「洗脳されている」と言えるのかも知れません。



もし、私が逆の立場で、アメリカに何年間も住むことになり
「アメリカの国際的責任、テロリストへの報復」のメッセージを
繰り返し刷り込まれていたら、

今ほど強く反戦・反核の思いを持ちつづけられる自信はありません。



私だって、いつしかアメリカの国粋主義にどっぷり浸かって
そこで夫婦の「終戦」を迎えていたかもしれないのです。



でも、同じ「終戦」を迎えるのだとしたら、こうしてヒロシマで
二人が核兵器廃絶の思いを持って歩み寄っていける今が何万倍もいい。

そう思います。





この翌日、別のNHKの番組で
2007年に亡くなったアメリカの元軍人の
ドキュメンタリーが放映されました。


このジョー・オダネル氏は、原爆投下の後、軍の「記録班」として
長崎の駐留軍人の様子を写真に収めるという任務につきます。



軍の情報統制で、

「軍のカメラしか使用してはいけない」
「決して日本人を撮影してはいけない」

という厳しい規律があったにもかかわらず、


彼は規律に反してこっそり自分のカメラを持ち込み、
長崎の被爆者たちを写真に収め続けました。



ひどい火傷を負って死の淵をさまよいながら
「エネミー!(enemy)」と片言の英語で彼に向かって叫ぶ人、

息絶えた幼い弟を背負って直立不動で火葬場に立ち
弟を荼毘に付す順番を待っている少年、



そんな傷ついた人たちの写真を撮りつづけるうち
オダネルさんの心にはある変化が起きます。



番組では、この元軍人の男性が
晩年に取材に答えた時の肉声が流れました。



「私は、真珠湾攻撃の後、軍に志願しました。
日本人が憎かったからです。

日本人をたくさん殺したい、そう思っていました。

でも、長崎の惨状を目の当たりにし、私の考えはすっかり変わりました。


日本軍は、確かに私たちに対してひどいことをしました。

でも、だからと言ってこの傷ついた人たちから
母を、子を、兄弟を奪う必要が本当にあったのでしょうか。


最初は日本人を憎いと思っていたのに、
もう私には、彼らに対する憐れみの気持ちしかありませんでした。



1945年、あの原爆はやはり間違っていました。

それは100年たっても間違いであり続けます。
絶対に間違っています。絶対に。

歴史は繰り返すといいますが、繰り返してはいけない歴史もあるはずです。



ああ、私の国は、何ということをしてしまったのでしょう」





夫は、

彼の証言を聞きながら泣きました。




夫の中で、何かが、変わった瞬間でした。





オダネルさん撮影「焼き場に立つ少年」の写真


 焼き場に10歳くらいの少年がやってきた。小さな体はやせ細り、ぼろぼろの服を着てはだしだった。少年の背中には2歳にもならない幼い男の子がくくりつけられていた。その子はまるで眠っているようで見たところ体のどこにも火傷の跡は見当たらない。

 少年は焼き場のふちまで進むとそこで立ち止まる。わき上がる熱風にも動じない。係員は背中の幼児を下ろし、足元の燃えさかる火の上に載せた。まもなく、脂の焼ける音がジュウと私の耳にも届く。炎は勢いよく燃え上がり、立ち尽くす少年の顔を赤く染めた。気落ちしたかのように背が丸くなった少年はまたすぐに背筋を伸ばす。私は彼から目をそらすことができなかった。少年は気を付けの姿勢で、じっと前を見つづけた。一度も焼かれる弟に目を落とすことはない。軍人も顔負けの見事な直立不動の姿勢で彼は弟を見送ったのだ。

 私はカメラのファインダーを通して、涙も出ないほどの悲しみに打ちひしがれた顔を見守った。私は彼の肩を抱いてやりたかった。しかし声をかけることもできないまま、ただもう一度シャッターを切った。急に彼は回れ右をすると、背筋をぴんと張り、まっすぐ前を見て歩み去った。一度もうしろを振り向かないまま。係員によると、少年の弟は夜の間に死んでしまったのだという。その日の夕方、家にもどってズボンをぬぐと、まるで妖気が立ち登るように、死臭があたりにただよった。今日一日見た人のことを思うと胸が痛んだ。あの少年はどこへ行き、どうして生きていくのだろうか?

 この少年が死んでしまった弟をつれて焼き場にやってきたとき、私は初めて軍隊の影響がこんな幼い子供にまで及んでいることを知った。アメリカの少年はとてもこんなことはできないだろう。直立不動の姿勢で、何の感情も見せず、涙も流さなかった。そばに行ってなぐさめてやりたいと思ったが、それもできなかった。もし私がそうすれば、彼の苦痛と悲しみを必死でこらえている力をくずしてしまうだろう。私はなす術もなく、立ちつくしていた。

   「トランクの中の日本 米従軍カメラマンの非公式記録 J・オダネル写真集」より







オダネルさんは、帰国して除隊になった後
毎日のように原爆の悪夢に悩まされるようになり、
長崎で撮影した写真を40年もの間封印しました。


家族にさえ、その写真が入ったトランクを
「絶対に手を触れてはいけない」ときつく言い聞かせました。



でも、彼が亡くなるほんの数年前、
「戦争の悲劇を伝えなければ」という思いに突然駆られ、
写真の公開をはじめました。



でも、退役軍人などの猛烈な抗議に遭い、
なかなか写真を展示させてくれる施設が見つかりませんでした。



彼の家には、毎日のように嫌がらせの電話や手紙が
来るようになりました。

堪えかねた彼の妻は、家を出ていきました。



「原爆は間違っていた」という彼の思いを
受け入れられない人たちからの猛烈な批判が続く中、

彼の娘が、ある新聞の投書を見つけました。




「『見て、お父さん。
お父さんを応援してくれている人が一人だけいるよ』


そう言って、娘が新聞記事を見せてくれました。

そこには、こう書いてありました。



『オダネルを批判する人に言いたい。

原爆とは何だったのか。
図書館に行って歴史を勉強してから批判してほしい』



投書の差出人の名前を見ました。


それは、私の息子でした」





夫は、もう一度泣きました。




オダネルさんは、長崎で出会った
火葬場で弟の亡骸をおんぶしてじっと唇をかんでいた
あの少年に会いたいと思いました。


そして、日本を訪れて、彼を探し回りました。
でも、何の手がかりも得られませんでした。



放射線の影響とみられる病気に
長年悩まされた後、

オダネルさんは2007年8月9日に亡くなりました。
その日は、長崎の原爆記念日でした。




オダネルさんが亡くなった今、彼の息子がその遺志を継ぎ
父親の撮った写真を一人でも多くの人に見てもらおうと
さまざまなところに働きかけ、

2008年に、長崎での写真展が実現しました。





私は、アメリカ人も、その他の人々も
「核兵器の残酷さ」について実はよく知らないというのが
本当のところだと思います。


だから、まずは「知ること」から始めることが必要です。
私たちが「知らせる」努力も必要です。


もちろん、夫のように「核兵器が必要」と信じている人たちが
そう信じるに至った環境、教育、経験はどんなものなのか
理解しようとする努力も必要です。






アメリカ人と同じく、私もテロ攻撃は怖いです。

アメリカの核の傘がなくなってしまった時、
人の子供を盗んでおいてシラを切るような隣の国が
一体何をするのだろう、そう考えると本当に不安です。


そういう、私たちの常識の通じない国があるのも事実です。


でも、「テロリストに常識は通じないから」と言って
核兵器を所持しても、そこからは決して平和は生まれないのです。


ばかげた理想だと笑われるかもしれませんが、
どんな相手にもどこか人間らしい心があることを信じて
平和の願いを広めていく義務が、私たちにはあると思っています。





夫は、アメリカから彼の家族が来日したときに
家族を原爆資料館に連れていきました。


あれほどあの場所に足を踏み入れるのを嫌がっていた彼が、
自分から進んで。



こうして、自分が平和を知ることからはじめて
メッセンジャーとして一歩を踏み出しました。






あなたも私も、英語を勉強しています。



そして、英語ができるというのは
「メッセンジャーという使命が与えられている」
ということだと、私は思っています。




世界で唯一の被爆国の出身であるあなたが
平和のために発信できるメッセージって何なのか、
この特別な日に、ちょっとだけ考えてみてはいかがでしょうか。




何か感じるものがあったらクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。