「ネイティブの英語」を盲信する人になっていませんか? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

「ネイティブの英語」を盲信する人になっていませんか?

「ネイティブのように英語をスラスラしゃべれるようになりたい!」

きっと、英語を勉強する人は誰だって思っていると思います。
もちろん、私も、ネイティブのようにしゃべれるようになりたいです。



でも。

これって、一歩間違うと、すごく危険な思考なんですよ。


実際、私は読者さんからのメールでご質問があったときは
「ネイティブのように話すことを目指さないでください」
って言うことが多いです。



あの、誤解のないように言っておきますが、
もちろん、最終的には
ネイティブに近づけば近づくほどいいに決まってるんですよ。


ここで言っているのは、
「そもそも満足に英語をしゃべれもしないうちから目指すな」
っていうことです。




なぜ、ネイティブらしい英語を目指しちゃいけないか??




それは。


ネイティブにはほど遠い不自然な英語を話すのが怖いと、
いつまでたっても話せないままだからです。


不自然な英語を話しまくることなく、
いきなり自然な英語が話せることなんてあり得ないからです。




そこまではメルマガで書きました。
(メルマガは記事の下からいつでもご購読いただけます)

ここまで、OKですか??





では、今日はもう一つの視点を。


私、「ネイティブの英語」っていう言葉に
そもそも、すんごく疑いを抱いてるんです。



だって、

一口に「英語ネイティブ」って言っても、幅広いですよね?

年齢層も、学歴も、生活環境も、階級も。
英語だったら、国もいろいろ。


それを、「ネイティブはこうだ」とか判断することそのものが
危険だと思うし、気をつけないといけないと思うんです。



でも、あなたも目にしたことがあると思いますが、
英語学習関係の掲示板とか、ブログのコメントとかで、
こういう人がよくいるんですよね。



「そんな英語、ネイティブは使いません!」

「私の友達のネイティブはいつもこう言ってます!」

「この前、ネイティブに質問したらこう言ってました!」



なんか、日本人の一部の英語学習者さんの間では
そういう盲目的なネイティブ崇拝が根強いんですが、

これ、ほんと気をつけた方がいいですよ。






だって、

あなたの周りの「日本語ネイティブ」さん、どうですか?


正しい日本語の使い方について、信頼を置ける人ばかりですか?





・・・そう考えてみたら、ネイティブ崇拝がいかに危険か
一発で分かると思うんですけどね。



だって、たとえば「ぁたしゎぁ」とか書いてるギャルを見て
「おお、これがネイティブジャパニーズか!」
って思ってる外国人がいたら、とんでもないですよね(苦笑)



なので、「ネイティブの英語」って言っても、
その人が、自分が身につけたい英語を話す世界の住人なのか
きちんと見極めないとダメなんです。



教養あるビジネスマンらしい英語を身につけたいなら
そういう人の英語を参考にしないといけないし、

ヒップホップの兄ちゃんみたいな英語を身につけたいなら
そういう人の英語を参考にしないといけない。


当たり前のことです。





私の職場には、中国人とかフランス人とか
英語のネイティブじゃない人もいます。

多数派のアメリカ人の「ネイティブ英語」とは、かなり違う英語を話します。
言葉の選び方が独特だったり、文法が間違っていることもあります。


でも、ちゃんと英語で仕事をしているし、
言いたいことをスラスラと言って意見を伝えられるし、
彼らの英語について文句を言ったり笑ったりする人は一人もいません。

で、中国語の通訳とかフランス語の通訳は
うちの会社にはいないので、彼らも「英語話者」として扱われているわけです。


彼らも「自分は英語ネイティブじゃないから・・・」なんて気後れは
一切見せないし、実際にそんな卑屈な感情を持っていないようです。



で、私はそういう人たちを目の当たりにして、いつも思っています。


「これで十分じゃん!なんで日本人は無理してネイティブを目指すの?」



彼らは「こんな英語、ネイティブは言いません!」みたいな本には
見向きもしないはずなんですよね。

「ネイティブらしく」「文法のミスなく自然に」話すより重要なことがあるから。

あの手の本は、日本でしか売れないと私は思います。





というわけで、今日はこれをしっかり覚えておいてくださいね。


ネイティブらしい英語かどうか心配するのは、
スラスラ英語が話せるようになってからで十分です。

ネイティブ英語って言ってもいろいろあるので
ちゃんと見極めることが必要です。

あなたの目的によっては、ネイティブらしい英語を話すことより
優先すべきことがあるはずです。




「確かに『ぁたしゎぁ』みたいなネイティブは危険!!」と気づいた方は
クリックどうぞ~
↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。