ネイティブらしすぎる英語はかえって滑稽? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

ネイティブらしすぎる英語はかえって滑稽?

今日は、ちょっとショッキングな話かもしれません。


あなたは、いつか英語がネイティブのように話せる日を夢見て
英会話学校に通ったり、英会話フレーズ本に取り組んだりしていると思います。

下手な英語で恥をかいたり、笑われたりしないために。



でも。

ネイティブらしすぎるのも、かえって笑われるかもしれないんです。



一つ、例をお話しします。

もう数年前ですが、明石家さんまさんのテレビ番組に
韓国人のユン・ソナさんが出演していました。


彼女は、今は日本語がすごくお上手になりましたが
当時は「ちゃんと番組の流れについて行けているのかな?」と
こっちが心配になるくらい、たどたどしい日本語しか話せませんでした。



番組では、確か男女問題についてのトークが繰り広げられていました。

どういう話の流れだったか覚えていないのですが、
彼女が、こう言いました。



「だってさびしいだろ?」



会場は爆笑、ユン・ソナさんはその発言のおかげで
「今週の踊るヒット賞」に選ばれていました。

その発言がウケたからです。

私も、テレビの前で爆笑しました。




ところで・・・
なぜその発言が賞に選ばれるほど面白かったのでしょうか?



もちろん、番組の流れの中でそのコメントが絶妙だったからですが、
理由はそれだけではないのです。



ちょっと、真剣に考えてみてください。



ヒントは、ユン・ソナさんは当時はまだ
日本語がたどたどしかったということです。



何がそんなに面白かったのでしょうか?


















答えは、


彼女が、
妙に日本語らしい日本語で、しかも男性の言葉遣いで
そう言ったからです。



同じことを、たとえば日本人の芸人さんが言っても
面白くも何ともありません。

日本語がペラペラの外国人タレントさんが言っても
彼女のような笑いは取れないでしょう。



つまり、何が笑いを誘ったのかというと、
それは、


「ギャップ」


です。




日本語が下手な(あえて「下手」と書きます)彼女が、
あまりにナチュラルな日本語をしゃべった。

しかも、あのかわいらしい彼女が、
男みたいな口調でしゃべった。



だから、笑えるわけです。




もっと分かりやすい例で言えば、
ボビー・オロゴンさんっていうタレントさん、いますよね。


最近はようやく流暢な日本語を披露するようになりましたが、
少し前までは、彼は日本語が全然分からないフリをしていました。


「日本語が全然しゃべれないくせに、
たま~に発する日本語は、日本の若者言葉そのもの」


そのギャップが面白いのです。

だからこそ、彼もそこから生まれる笑いを狙って
そういう芸風にしていたわけです。




で、あなたに質問です。


あなたが、「すっごく英語らしい英語」を
「ネイティブ英会話表現集」などで丸暗記してしゃべったとして。


その英語って、違和感なく相手に受け入れられるんでしょうか?



もしかしたら、「素」のあなたのたどたどしい英語と、
「ネイティブ表現丸暗記」のあなたの英語とのギャップが
奇妙な笑いを誘う結果になっていたりしないでしょうか?



あの、当然ですけど、
「自然な英語表現を覚えようという努力を否定するのか!」とかいう
低レベルな話じゃないですよ?



バランスと優先順位の問題です。




あなたが、ウケを狙いたいのなら、それでかまいません。

(私のダンナも、そうやって変な日本語を覚えて
人を笑わせるのが大好きですし)


でも、そうではない場合。


英会話が十分にできないうちから
「ネイティブの表現」「自然な英語」にこだわっていると、
「ネイティブらしくかっこよく話したい」と思っているのに、
そういうギャップがかえって滑稽に聞こえてしまうかもしれません。


以前の私のように、
不自然な英語を話す自分が格好悪いという思いから
余計に何もしゃべれなくなってしまうかもしれません。




ですから、

片言の英語しか話せないなら、
片言なりに、単語をつなげて堂々と話せば良いのです。

背伸びをしてネイティブらしく話そうとなんてしなくて良いのです。



そして、「ギャップ」が埋まるように、
あなたの「素」の部分の英語を磨いていくべきなのです。



そのためには、ネイティブ表現の丸暗記ではなく、
しっかりとした文法の知識をたよりに、
文章を自分で自由自在に組み立てる練習をするのが一番いいのです。
そして、基礎がしっかり出来てから、ネイティブらしい気の利いた表現を学ぶ。

その方が、上達のスピードがずっと速いです。


私自身がかつてネイティブ英語にこだわっていた過去があり、
その後「英語を自在に組み立てる」トレーニングにシフトして
英会話力が劇的に上がった経験があるので、よく分かります。




ユンソナさんやボビーさんの批判や否定をするつもりは全くありません。

ああいう日本語習得法もアリだと思いますし、
笑われて恥をかいて、それを原動力に頑張るのもいいと思います。



ただ、

「ネイティブを真似て自然な英語を話せなければいけない!」

そういう呪縛に囚われている人に一つの気づきを得てもらえたらと思って、
今日の記事を書きました。




じゃあネイティブ会話表現は一切覚えなくていいのか?
相手のネイティブ表現が理解できなかったら困るじゃないか!

そういう反論や疑問があることは想定しています。
それについては次回以降に書いていきますね。



ネイティブ表現の丸暗記ではなく、
しっかりとした文法の知識をたよりに、
文章を自分で自由自在に組み立てる練習については
こちらに詳しく書いています。

↓↓
スピーキングの効果的な学習法で独学で英会話をマスター!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。