文法の強化にTOEIC対策本を使うのはどう思いますか? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

文法の強化にTOEIC対策本を使うのはどう思いますか?

「文法の強化にTOEIC対策本を使うのはどう思いますか?」

この同じ質問が、びっくりするくらいた~っくさん届きます。
なので、今日はこのご質問にお答えしようと思います。





文法の勉強のためにTOEIC本を使っていいか?

これは、あなたのレベル次第です。



あなたがすでに文法の基本はしっかり理解していて
あとはどんどん問題を解いて知識を定着させていくだけ・・・という
段階にいるのであれば、TOEIC本でもOKです。


でも、そうじゃない場合は
勉強の順番が間違ってるっていうことですので、
効率は当然悪くなりますよ。



たとえば、TOEIC本を解いていて
間違った問題の解説を読むと

「ofには所有格あるいは目的格が続き、その後に-ing形が来る」

と解説に書いてあったとします。


あなたは、それを読んで

「ああ!あの動名詞のあのルールのことね!
そっかそっか。うっかりしてた」

って言えるでしょうか?



私は長い間中高生に文法を教えてきて
英語が苦手な子の特徴をよく知っているのですが、
英語が苦手な子は、間違いなく
文法の体系的な理解ができていません。


だから、

「ofには所有格あるいは目的格が続き、その後に-ing形」

という解説を読んでも、その知識を断片的にしか
取り入れることができません。


つまり、これが英文法という大きな枠組みで
どこに位置していて、何と関係がある事柄なのか分かりません。

また、これがofだけではなく
forでもatでも同じルールが通用するということも分かりません。


なので、そういう子は

「そっか、何かよく分からないけど
ofには所有格あるいは目的格が続いて、その後に-ing形なんだな」

と、その解説そのものを丸覚えしようとします。
ノートに何回も書いて暗記しようとしたりします。


で、全体像が全く見えないまま
そういう断片的な解説の知識ばかりがどんどん増えていき
結局何が何やら分からなくなる・・・というわけです。


あなたにも、同じような経験が
あるのではないでしょうか?




想像してみてください。
あなたは、家政婦さんを雇うことになりました。


家政婦さんが来た初日、あなたはどうやって
家政婦さんに説明をはじめますか?


台所で
「炊飯器の使い方はこうですよ」と説明したら

次はいきなり脱衣所に連れて行って
「洗剤の分量はこれくらいにしてください」

そうかと思ったら次は
「子供の幼稚園のお迎えの時間は・・・」


って、いっぺんにいろんな分野のことを
バラバラに教えるのでしょうか?



それとも、
炊飯器はこうやって使います、米はここにあって、
食器はこれを使ってください、食器用洗剤はこれで・・・

と、「台所関連」の話を一通り終えた後で
「洗濯」「掃除」と違う分野に進んでいきますか?



当然、最初は関連した内容のことを
一緒に理解してもらった方が、家政婦さんも
混乱せずに済むと思いませんか?



で、いったん家政婦さんが
あなたの家のことを「体系的」に仕組みで理解して
家事用品の使い勝手とか、あなたの家の一日の流れなどを
把握できたところで、やっと


「今日の夕食の食材はここにあって・・・そうそう、
今日の子供のお迎えは・・・」

って、いろんな分野のことをいっぺんにお願いしても
家政婦さんはちゃんと分かってくれるわけです。


そうじゃないですか?



同じように、TOEIC本だと、

1問目は現在完了、
2問目は動名詞、
3問目は分詞・・・

みたいなことが普通ですよね。


だから、あなたがそれぞれの文法知識をしっかり理解していて
あとは実践を積んでいくだけという段階であれば、
TOEIC本でこうやってバラバラの分野をやっていくのは
とても効果があります。


だって、実践英語では、あらゆる文法分野が
ぐちゃぐちゃに混じっていますからね。


でも、まだあなたが
「新人家政婦」「家政婦見習い」状態だったらどうでしょう?


→ まずは分野ごとにしっかり理解を固めましょう。
それが一番の近道です。



あと、もう一つTOEIC本を使う問題点として、

TOEIC本はどうやっても、
第一の目的が「文法知識の強化」ではなく
「スコアアップ」なわけです。


だから、TOEICに出ない分野の文法は
当然触れていません。


なので、文法強化を目的としてTOEIC本を使う場合、

「総復習」「実践演習」
「すでに理解してることのおさらい」

で使うのであれば良いと思いますが、
そうでなければお勧めしません。


文法の理解が第一の目的になっている教材を選んで
体系的に知識を固めた方が効率的です。



ご参考になれば幸いです。



お役に立ったらクリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。