TOEICの点数が上がらなければ転職できない - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

TOEICの点数が上がらなければ転職できない

あなたもTOEICの点数が足りないために
仕事のチャンスが減ったり、新しい仕事に挑戦できなかったり
可能性が狭められてしまった経験があるかもしれません。



今、英語コーチングをしている方の一人で
近いうちに転職を考えている30代前半の女性がいます。
(諸事情で予定が変わる可能性はありますが)


TOEICは現在500点台ですが、
英語を使う仕事をするには700点台は欲しいところです。

英語系のお仕事は競争率が高いのに加えて
今はこの不況ですから、少しでも点数を上げておきたい。



私は、自分の経験から

「英語を使う仕事に就けば、勤務時間がそのまま勉強時間だから
一番簡単に英語力が上がる。しかも実地経験も得られる」

と常々彼女に言い続けています。


もちろん、無鉄砲に今の仕事を辞めることを
勧めているわけではありませんが、
彼女も今の仕事(英語使用なし)にはやりがいを感じられず
英語を使う職場で働きたいという希望を持っています。


今の職場に未練がないのだったら、
さっさと転職してしまって実りある経験を身につけるのが、
彼女の英語力アップとキャリアのためにも一番いいと思っています。



彼女は、基礎力が不足していたので、
まず文法から固めるよう言いました。


スカイプでお話ししている様子からも
基礎的な力は上がってきている手ごたえは感じています。


でも、TOEIC用の勉強を全くしていないのと、
残業の多い職場にお勤めで勉強時間が少ないせいで、
まだ700点には届かないかもしれないという感触も持っています。

今月のテストを受けたようですが、まだ結果は分かりません。



彼女は、すでに積極的に派遣会社へのアプローチもしていますが
TOEICの点数がネックになっていて
仕事の紹介になかなか結びつかないようです。


「もっとTOEICの点数を上げてください」と
派遣コーディネーターさんにも言われたそうです。



「700点になってからじゃ、いつ転職できるんだか・・・」

「でも700点になる頃、私はいったい何歳になってるの?」

「女はいろんなタイムリミットがあるし・・・」


女ですから、この焦りはめちゃくちゃ分かります。
あなたが女性なら、同じ悩みを持ったことがあると思います。



私は、すごく悩んでいます。

今の彼女の力なら、テクニックで水増しすれば
700点に到達できる可能性はあると思います。



私には、前にお話ししたように
「TOEIC高得点でも何にもならない」という苦い経験があります。

「点数を追い求めるより本当の英語力を」という私の信念は
当たり前ですが、今も全く変わりません。



でも、そのTOEICの点数のせいで
彼女は動きたくても動きようがないのに・・・・・


私の頑固な信念は、
本当に彼女の為になっているのだろうか?


「えいみさんの前ではTOEICの点数のテクニックの話など
一切してはならない」

そう彼女は思っているのでは?


私がすべきことは何か?



そう、悩みました。





前にも言ったことがありますが、
私は、テクニックは大好きですし、得意です。


塾講師をずっとやってきて
「いかに問題を効率よく解くか」を追い求めてきました。
それこそ、入試問題を解くテクニックは山のように生徒に教えました。


・問題の先読みのテクニック
・選択肢を選ぶときのテクニック
・文の構造をつかんで必要な情報だけを見るテクニック
・単語の意味が分からなくても正解を導くテクニック

など。



結果は当然出るテクニックですから、
生徒にはすごく喜ばれました。

結果が出せるので、雇い主からも高く評価されていました。


志望校に合格さえさせられれば、生徒も親も喜んでくれますし
それが生徒の将来への希望へとつながっていきます。




もちろん、テクニック偏重の指導は
長期的に見れば、生徒のためにはならないかもしれません。

だから、すごく葛藤はありました。


でも、結果を出すことが全ての
塾講師という私の役目においては、
当時の実力ではああするしかなかったのだと思っています。


その時のことを思い出していました。




どうしてもTOEICの点数を上げることでしか
ひらけない道があるなら、
それに力を注ぐ時があってもいいではないか。

真の目的さえ見誤らなければいいのだから。


そう思いました。



そして、
短期間で確実にTOEICの点数を上げる教材をリサーチし
良さそうな教材を実際に買いました。


TOEICでも効果的な問題の解き方は同じですから、
効果的なテクニックかどうかは、判断はすぐにできます。


「TOEIC」という名前がついていても
中身は全くTOEICと関係ない内容だったり、
本当の問題とはかけ離れた問題だったりするものも、ありました。

あなたもそういう教材をご存知かもしれません。



そして、お勧めできるTOEICのテクニックに特化した教材を見つけました。


安価な値段なのに、動画での解説になっていて
文章の構造(主語、動詞)から詳しく説明があります。

ちょっと講師の男性の口調にクセがありますが。



どんな教材かご興味ありますか?





もしあなたが、彼女と同じように


「遅くとも○月までにTOEIC○点がどうしても必要」

「TOEICの点数が自然に上がるのを待っていられない」

「そもそも毎日忙しすぎて勉強時間が満足に取れないのに
これだと目標点数にたどり着くのに何年かかるのか・・・」


「英語力そのものを上げる必要性は分かっているし
テクニック的なことに頼っても長期的にはダメなのも分かっている。

でも、今すぐ目標とする点数をマグレでもいいから取らないと
動きようがないし、チャンスを逃してしまう。
どうしても今、最短距離で目標点数が欲しい」


そう焦っているなら、
手っ取り早くTOEICの点数を上げるテクニックを
身につけることに重点を置く時期があってもいいと思います。



もちろん、単なるテクニックは所詮まやかしです。
最終的には本物の実力をつけていくことが必要なのは
言うまでもありません。


でも、「本物の英語力」を身につけようにも、
TOEICの点数のために英語力が発揮できるステージにも立てないのでは
意味がありませんよね?



私は、自分がテクニックを教えてきた人間ですし
テクニックの有効性も心から分かっているのですが、

あまりに私の
「点数を追い求めてはいけない」というメッセージが強く入りすぎて
TOEICの点数アップ(正当な目的のためでも)を考えることすら
罪悪感を持っている方が少なくないようです。


よく、

「えいみさんはTOEICが嫌いなのだと思いますが
私はこういう理由でTOEICは役に立つと思います」

というTOEIC擁護のメールを送ってくる方がいらっしゃいます。


TOEICが役に立たないとか、私はTOEICが嫌いとか
言ったことは一度もないのですが・・・^^;


目的を達するためにどうしてもTOEICが必要なら、
点数を上げるしかないことは誰にも明らかです。

ただ、点数そのものが目的になって
英語力を伸ばす努力がおろそかになってはいけないだけで。



まだ10代、20代で先が長くて
チャンスもこれから広がっていくばかりであれば、
英語力そのものの向上がTOEICの点数に反映されるのを待っても
もちろんいいと思います。

でも、そんな悠長なことを言って何年も待っていられないという
現実がある人がたくさんいるのも、事実です。




私は、何だかんだ言っても
TOEICの点数に助けられた人間だと思います。


まやかしであれ、TOEIC980点がなかったら
今の通訳翻訳の仕事の足がかりになった
外資系企業秘書に転職できていなかったと思います。


就職面接に行ったときの面接官の部長の表情を思い出せば
それは明らかです。



TOEICの点数は、ただの点数でしかありません。


でも、そのときの私のように、
私のクライアントさんのように、

その点数があなたの人生で大きな意味を持っている場合、
TOEICの点数が足りないせいでチャンスをものにできないのは
あまりにもったいないと思うのです。



私は、実力がともなわないTOEICの点数を持っていたことで

プライドはずたずたになりました。
上司と同僚に冷ややかな目で見られました。

こんな高い点数を持ってるから痛い目に遭うんだ、
点数は秘密にしておきたい、といつも思っていました。



でも、「TOEIC高得点を持っていて良かった」と
思わないかと言えば、それは嘘になります。

持っていて良かったに決まっています。


TOEIC高得点を持っていたからこそ
転職する上で、たくさんのチャンスが開けてきたのは
疑いようのない事実です。



繰り返しますが、長期的に見れば
本当の英語力を身につけることが大切です。

留学、就職、転職、昇進、海外出張などにTOEICが必要ないのなら
テクニックのために教材を買うのは馬鹿げています。



でも、あなたの現在のTOEICの点数のために
人生の選択肢が狭まっているのなら、
そしてその問題をすぐにでも解決しなければならない状況にあるのなら、

英語力そのものを伸ばす学習に加えて
テクニック対策をしても良いと思います。



TOEICで目標とする点数が取れることで
あなたの転職や昇進などが実現するのであれば、
それだけで数万円、数十万円の価値が
TOEICの点数に宿ることになります。

いかがでしょうか?


私にとっては、TOEICの点数が人生のある時点では
大きな強みになりました。

あなたに、そういう転機が必要なら
ぜひ、可能性を広げて欲しいと思います。



本気でTOEICの点数を目標まで押し上げて
昇進なり転職なりを達成して、
一日も早く、英語力を真に発揮できるステージで
あなたが活躍できることを願っています。



お薦めのTOEICテクニックに特化した教材は、こちらです。
あなたの確かな目で判断してください。

↓↓
5日の超高速型スコアUP Sonic Prep for TOEIC Test



繰り返しますが、TOEICの点数が特に差し迫って必要ではない方は
必要のない教材ですので、お金を無駄にしないようにしてください。


また、TOEIC900点以上の高得点の方は
今からテクニックを磨いても意味がありませんので、
間違っても買わないでください。


そして、現時点でTOEIC400点以下の方にも、効果はありません。
テクニックより、基礎的な英語力をまず身につけてください。



なお、私は実際にこの教材を買っています。
詐欺教材などではないことは(当たり前ですが)確認済です。
もちろん、判断はあなたにお任せしますが。



ダウンロード教材ですので、
決済後にメールで教材へのリンクが届きます。

動画をダウンロードして見る形式になっています。
動画教材で予想問題までついてもこの値段は、かなりお得だと思います。


↓↓

5日の超高速型スコアUP Sonic Prep for TOEIC Test




決済後に、別の継続プログラムへの勧誘があります。

1ヶ月目は無料で試せるということなので、ご興味があれば
それも申し込んでみてもいいと思いますが
必要なければ申し込まなくていいと思います。



では、お役に立ったら幸いです。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。