アメリカ英語とイギリス英語の違い - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

アメリカ英語とイギリス英語の違い


> 私はイギリス英語が聞き取りにくいのですが、
> これは単に英語の幅が狭いからなのでしょうか?
> アメリカ人はイギリス人の英語を問題なく聞き取れるのですか?


という質問をいただきました。



まず、ご存じない方のために
アメリカ英語とイギリス英語の違いについて
簡単に説明します。


単語は、アメリカとイギリスで
少しスペルや発音が違ったりするものがあり
アメリカだけ、イギリスだけで使われる単語などもあります。


アメリカ英語とイギリス英語でスペルが違う例:

center - centre
labor - labour



アメリカ英語とイギリス英語で発音が違う例:

schedule→  スケジュール - シェジュール



また、文法については、
「アメリカ英語ではA、イギリス英語ではBが好まれる」
などといった細かな違いはあります。

でも、当然ながらどちらも同じ「英語」ですから、
大きくは違いません。


前に、英語の初心者とおっしゃる方から
「イギリス英語の文法書と単語本のおすすめを教えてください」
と聞かれたことがあるのですが、

イギリス英語もアメリカ英語も文法や単語は一緒だから、
イギリス英語に特化した単語本や文法本などないとお答えしました。
(全くゼロかどうかは知りませんが・・・)


微妙な違いは、
上級者になってから気にすれば十分です。



一方、アメリカ英語とイギリス英語の大きな違いは
それぞれの単語の発音です。
たとえば、単語中の「er」とか「a」とかの発音が結構違います。


たとえば、このリンクを見てみてください。

Cambridge Dictionaries Online


アメリカ英語、イギリス英語の両方で
単語の音声を聞けるオンライン辞書です。


「er」の発音の違いを聞いていただくために「teacher」を調べましたが、
「UK」をクリックするとイギリス英語の発音が、
「US」をクリックするとアメリカ英語の発音が聴けます。

「チャー」のところがちょっと違いますよね。


イギリス英語の「チャー」は口を開いた音ですが
アメリカ英語の「チャー」はこもっています。




少し長くなるので、続きは次回。


⇒ アメリカ人はイギリス人の英語を聞き取れるのですか?



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。