英検1級の対策本って? - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

英検1級の対策本って?

昨日英検を受験したみなさま、お疲れさまでした~!!


自己採点の結果、微妙な点数だったとしても
面接対策は早く取り掛かって損はないと思います。

でないと、「多分落ちてるし~」なんて余裕をこいていて
いざ合格していたらめちゃくちゃ焦りますから!!




ところで、「英検1級対策でどんな教材を使ったんですか?」という質問を
メールでいただきましたので、こちらでもお答えしてみようと思います。

(質問してくださった方、ありがとうございます!)



英検1級で買った教材は、
アルクの「新・英検1級攻略本」という参考書。

これは旧形式の対策本です。


今は亡き(笑)ビジネスレターの英作文や大意要約などがあります。




・・・・・これしか買った記憶がありません。


あ!あと、単語本も買ったはずなのですが、うちの本棚に
すでに影も形もないので、処分してしまったのだと思います。
(これも旧形式で受験していた頃(2003年くらい)に買ったものです。)


某O文社の本でしたが、例文も何もなくただ単語が並んでいるだけで、
覚えにくいことこの上ありませんでした。
そんな使えない単語本だったので、現在は廃版になっているようです。
(自分のやる気のなさは完全に棚に上げてます




そんなわけで単語本はほぼ使っていないのですが、
実は対策本の方もほとんど使った形跡がありません。

こういう対策本って、私はあまりうまく使いこなせないのです。_| ̄|○ ガクッ



なので、2004年に新形式になってからも
「英検1級」と名のつく対策本は、一冊も買っていません。


(TOEICも旧形式の過去問題集を1冊しか持ってません・・・)




・・・・せっかく質問してくださったのに、
全然お役に立たない答えでごめんなさい・・・






私がこんなに対策本を持っていない理由は、

上で書いたように対策本をうまく使いこなせないからなのですが、
同時に塾講師の経験から「試験対策」には強いからです。



英検1級対策についてホームページでいろいろ書いていますが、
これらは対策本を買えばすぐに見つかる情報なのでしょうね。




でもそれより大きな理由は・・・

私が、かなり受験を先延ばしにしたからに他ならないと思います。



私は英検1級に合格したのは去年ですが、
本当ならもっともっと早く合格するべきだったんだと思います。



私の場合は2003年にTOEIC980点、
英検1級は不合格Aというところにいましたから、
(この点数なら合格してなきゃいけませんね)

それを先延ばしにしてしまったのが私の「甘さ」なんです。



早い時期に合格するということは、それだけ対策をきっちりして
それこそ血のにじむような勉強を積み重ねる必要がありますが、

私にはそれができなかった、ということに尽きます。



「英検1級ぐらい持っていなくちゃ恥ずかしい!」という状況(転職)になって、
やっと重い腰を上げました。

2007年秋のことです。



この空白期間の長さを考えると、楽勝で一発合格できて当然なのに
実際は・・・2次であえなく玉砕




だから、

現在のMAXの力で英検1級に立ち向かっている方たちは
本当に勇気ある人たちだと心から尊敬します。



面接が怖くてシッポを巻いて逃げ出した私には、とてもまぶしいです。

(恥ずかしいことですが、私は2次試験を棄権しています。
 ダメ人間・・・そして復活に書いています)




でも、私はこの「空白期間」を、英語力を上に伸ばすかわりに
裾野を広くした期間だと思うことにしています。


2003年頃は、一見高く積みあがってはいるけれど
風が吹けば倒れるくらいの危うい英語力だったと思います。


点取りテクニックばかりが先行して、全く真の英語力が伴っていませんでした。



今はどんな嵐にも耐えられる英語力かというと、
もちろんそんなことはありません。

でも、震度4くらいまでの耐震強度は身についたと思います。(←ってどんなだ)



ここ数年間は、「点数を取る英語」は出来るだけ忘れて
英語を話す・書くことに特に重点を置いていますが
バランスが少しずつ取れてきているかなぁと思ったりしています。




というわけで・・・・・

今、頑張っているのに英語学習の成果が思うように上がらなかったり
英検やTOEICで進歩がないように見える人は、


裾野を広くしている時期なのかもしれません。

地にしっかりと根っこを深く張りめぐらしている時期なのかも。



目には見えなくても、きっと耐震強度は上がっています。^^





英検1級の対策本の話からずいぶんと飛躍してしまいましたが(笑)
受験された方にとって良い結果が出ることをお祈りしています。




↓ランキングの応援をしていただけるととてもうれしいです
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ



 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 そんな方に、最短距離で英語をマスターするための正しい順序をお教えします。
 今すぐメールアドレスをご記入後、ボタンをクリックして
 「何から勉強したらいいのか分からない!」というお悩みを解決してださい。

メールアドレス:
※必ずいつもお使いのパソコンのメールアドレスをご記入ください (携帯メール不可) 。自動返信ですぐに確認メールと今すぐ役立つノウハウをお届けします。30分経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを必ずご確認ください。メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。えいみ発行のメールマガジン登録規約

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。