英検1級に再挑戦した理由 - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

英検1級に再挑戦した理由

私は2003年に英検1級を2回受験しました。
初めての受験では不合格B、2回目で不合格A。

2004年は、新形式になったばかりで採点が甘かったことにも助けられ
1次試験に何とか合格することができました。


合格できると思っていなかったので、すごく嬉しかったんです。



でも、同時にものすごく憂鬱になりました。


2次試験で、スピーチをしなければならないから。

何に対しても自信がなくて卑屈な人間だった私にとって
2次試験のプレッシャーは、考えるだけでも耐えられないことでした。



プロフィールでも書きましたが、
高校生のときも英検2級の2次試験で3回連続不合格になっている私は、

とにかく面接に対してトラウマに近い恐怖があったんです。



だったら何のために1級を何回も受験したのかと思いますが、

そこに山があるからちょっと登ってみよう、と途中まで登っていったら
山のふもとからは見えなかった、正確言えば見ようとしなかった大きな崖があり
それを勇気を持って飛び越えなければ先に進めないことが分かり、
怖気づいて引き返した、そんな感じだと思います。




そして私は、2次試験を棄権しました。


その後、1次試験免除で面接だけを受けられるチャンスが
3回ありましたが、どれも受験しませんでした。



そしてその後3年間、英検を受験することも、
英検のホームページを開くことさえ、一切ありませんでした。





2次試験を棄権した後は、結婚の準備などで忙しく、
また当時の仕事では日曜日が勤務日になっていました。


「今は英検どころじゃないのよね」
「日曜が仕事じゃ仕方がないよ」




そう自分の心に言い訳をし、自尊心を満足させていました。



でも、結婚の準備が忙しくても勉強を頑張る人はいくらでもいるし、
日曜日の仕事だって、1回くらい休もうと思えば休めたはずなのです。

自分の気持ち次第でどうにでもなったことです。



結局は、勇気がないから逃げていただけなんです。



でも自信がないくせに変なプライドだけはあった私は、
勇気がないから受験しないの」とは誰にも言えませんでした。




そして、英検1級は私の心に大きなしこりを残しました。

「逃げた」ことが恥ずかしくて、悔やまれて仕方がありませんでした。


でも、悔しくて仕方ないのに、「再挑戦しよう!」という気持ちだけは
全く湧いてこなかったのです。


↓↓
英検1級に再挑戦した理由(転職活動)にすすむ
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。