of + 抽象名詞 = 形容詞(世界遺産翻訳コンテスト) - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

of + 抽象名詞 = 形容詞(世界遺産翻訳コンテスト)

of + 抽象名詞 = 形容詞

これ、何のことだか分かりますか?


たとえば、
This is a matter of importance.
といった言い方を英語ではよくします。

importanceというのは「重要性」という名詞なので、無理やり直訳しようとすると
「これは重要性の事柄である」といった変な日本語になってしまいます。


で、先ほどの「of + 抽象名詞 = 形容詞」の出番なのですが、
上の文章では「of + importance = important」、つまり
This is an important matter.
と同じと解釈すればいいということになります。

そうすれば、「これは重要な事柄である」と訳しやすくなりますね。


「抽象名詞」というのが何なのか分かりにくいかもしれませんが、
普通は名詞というと「机」とか「ペン」とかいう物質を想像しますが、
抽象名詞は「目に見えないものを表す名詞」とざっくり考えてください。

たとえば、

・courage(勇気)
・knowledge(知識)
・peace(平和)

他にもたくさんありますが、こんな感じです。


で、
He is a man of courage.
といった英語もよく使われますが、これは
He is a courageous man.
と同じ意味として訳せばいいわけですね。



で、今日なぜこの話をしたかというと、
このof + 抽象名詞 = 形容詞が出てくる翻訳コンテストが今開催中だからです。

⇒ 世界遺産翻訳コンテスト(参加費無料・賞品付き)
(訳文応募期間:2014年10月8日(水)まで)

手順:
1.上のページから「第1回世界遺産翻訳コンテスト」をクリック。
2.コンテストページの「お試し会員登録」をクリック。
3.フォームに必要事項を記入するとすぐに発行されるパスワードを書き留める。
4.お試し会員番号(ID)は別途メールにて届く。
5.お試し会員番号(ID)とパスワードでログイン後、
  コンテストページの「訳文を応募する」より訳文を投稿。
 (再度「訳文を応募する」をクリックすると自分が応募した
  最新の訳文が表示され、10回まで変更可。)

やさしめの翻訳が無料で応募できる上、
入賞したら2000円、3000円、5000円の図書カードがもらえます。


また、訳文応募期間が終了するとレーティング審査期間となり、
他の人がどんな風に訳しているかを見て審査することができます。
これも、非常に勉強になります。


また、翻訳ではいつも、以下がとても重要な点です。

・文章の意味をまず正しく理解する
 当たり前すぎる話ですが、ここを抜かして翻訳をしようとする人が多いです。

・すべての英単語に日本語を当てようとしない
 たとえば、一般的な人を指す「You」などは日本語では省略した方がいいことが多いです。

・忠実な「英文和訳」ではなく、日本語として読みやすく
 かつ原文の意味を忠実に表した「翻訳」を目指す

 たとえば、英語が受動態でも日本語をそのまま受動態にする必要はなく
 能動態の方が日本語として自然に聞こえるならそうする、など。



私のもとには、
「えいみさんに教えてもらった翻訳コンテストで入賞しました!自信になりました」
というメールが続々と届いています。


いつも言っていることですが、
あなたが翻訳の仕事をいつかしてみたいと思っているなら・・・

「もうちょっと勉強してから」
「TOEIC900点になってから」

って待ってないで、とりあえずやってみましょう!


目的は入賞することではありません。

翻訳のトレーニングが無料ででき、
入賞できるかもしれない楽しさがあり、さらに第三者の評価を得られたり
他の人の解答を読んで勉強できる機会が得られるのです。

何も失うものはありませんよ。

⇒ 世界遺産翻訳コンテスト(参加費無料・賞品付き)
(訳文応募期間:2014年10月8日(水)まで)


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。