NHKラジオ英語講座の歩き方(3) - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

NHKラジオ英語講座の歩き方(3)

NHKラジオ英語講座の歩き方(1)NHKラジオ英語講座の歩き方(2)の続きです。


NHKラジオ講座の基礎英語1~3を聞き始めた大学生の頃は、
嫌になるくらいリスニングが苦手でした。
ほんっと~に、すっごく簡単な英語も聞き取れませんでした。


大学受験の遺産でかろうじて平均的な文法知識があったので、
さすがに「基礎英語」程度のスキットは、解説を聞けばわかりました。


でも、テキストなしでリスニングをしてみると、
聞き取れない部分がかなりありました。

解説を聞いてようやく「なんだ、こんな簡単なことを言ってたのか・・・orz」と
惨めな気持ちで(笑)答え合わせを続ける毎日でした。



そして、途中で英語の勉強をする余裕がない時期が1年ほどありましたが
1~2年ほどで「基礎英語のリスニングはもう大丈夫」というレベルに達しました。



で、前回書いたように、次の「ラジオ英会話」レベルに移行しました。

そして、この「ラジオ英会話も」同じように
テキストなしでのリスニングをはじめたわけですが、
基礎英語で耳を鍛えていたからか、そこまで手こずることはありませんでした。^^


実際、「ラジオ英会話」が「基礎英語3」と比べて極端に難しいなんてことは全然なくて、
きちんと段階を追って勉強していけば、スムーズにレベル移行できるようになっています。

結局は、英語を毎日聞くという習慣を続けて、耳を慣らすことさえできれば
あとはどんどん英語力がアップしていった、というのが私の実感です。



さて、ラジオ英会話に移行したあと、何を「工夫」したのか?という本題に入ります。


この頃から、リスニング教材としては物足りなくなっていた基礎英語1~3を使って
シャドーイングをはじめました。



もちろん、テキストとCDは買いません。
テキストがないので、何も見ないでひたすらシャドーイング。

(シャドーイングが何か分からない方はシャドーイングはお得です!をどうぞ)



慣れてきたら、スキットの部分だけでなく
スキットの英語の応用文や、外国人ゲストの雑談のような部分まで
とにかく聞こえる英語は全部シャドーイングしていきました。




また、シャドーイングだけでなく、応用文演習もやりました。

「では、○○と言いたい場合は、何と言ったらいいでしょう?」とか
テキストにある基本文をもとにして、応用文を作らせるところがありますよね。
リスナーに応用文を作らせる間、しばらくポーズがあって、正解が流れる部分のことです。


これも、必ず声を出して答えるようにしました。


普通はリスナーがテキストを見ながら
答えることを想定して作られている問題だと思います。

だから、テキストなしでやろうと思うと結構難しいですが
自分のレベルよりかなり下の講座を選んでいるので、無理なくできるわけです。


何も見ないで自分の頭の中の記憶だけで答えるので、いい練習になります。^^



また、極めつけは、ロールプレイ
これもテキストなしでやりました。

我ながら、かなりのチャレンジャーです。(笑)


スキットの解説が一通り終わった後、
「では、リスナーのみなさんはJohnのパートをやってみてくださいね」と
ロールプレイをさせられる部分がありますよね。



もちろんスキットを全部覚えられるはずはないので、いろんなところが自己流になったりします。


でも、「ここではJohnはこんなことを言ってたんだった」と思い出して
それを何とか自分で英語にすることによって
瞬間英作文的なトレーニングにもなります。

(当時は会話はまるでダメだったので、全然満足のいく英語はできませんでした)



番組の最後にまたスキットが流れるので
それを全部シャドーイングしながら、「あ~、そうそう、こういう英語だった」と最後におさらい。


こんな感じで、リスニングの訓練としては物足りなくなった基礎英語を
シャドーイングをはじめ、いろんな「口を動かす訓練」に使いました。



次回に続きます。


⇒ NHKラジオ英語講座の歩き方(4)に進む



■関連記事■

⇒ シャドーイングの具体的な方法 -教材の選び方、オススメ教材など-
 NHKラジオ講座の利用以外にも、教材を選ぶときの注意点などを書いてます。

⇒ シャドーイング効果・私の場合
 シャドーイングを始めてからの年数と英語力の推移について書いてます。



↓ お役に立った場合は、クリックしていただけると喜びます。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。