ヒアリングマラソンの開始レベルの目安って - 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

ヒアリングマラソンの開始レベルの目安って

ヒアリングマラソンに限らないのですが、
アルクの講座には、「開始レベルの目安」というものが載っています。


たとえば、1000時間ヒアリングマラソンなら、 TOEIC550点~、英検2級。
ヒアリングマラソン中級コースはTOEIC450点~、英検準2級。
ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!はTOEIC300点~、英検4~3級。


これって、実際どうなんでしょうか?


私のもとには、「私は英検○級、TOEIC○点なんですが・・・」と
ヒアリングマラソンのどのコースを選べばいいかというご質問がよく寄せられます。


アルクのサイトにこう書いてあるのだから、
それに従えばいいんじゃない?と普通は思うかもしれませんが・・・

結論から言うと、
このアルクの目安には気ぃつけなはれや!!指


私としては、ご質問者の方が、アルクが設定している目安を鵜呑みにせず
じっくり考えて選んでいらっしゃるのは、とても良いことだと思っています。



例えば英検2級の方が、
「1000時間ヒアリングマラソンは英検2級からって書いてあるから」と
それを選んでしまうと、失敗する場合があります。


覚えておいていただきたいことですが、

例えば1000時間ヒアリングマラソンは
英検2級・TOEIC550点あれば「大丈夫」というわけではありません。

ましてや、英検2級の方に「最適」では決してありません。




これは、アルクを批判しているわけではなく
利用者として気をつけるべきだと言いたいだけです。

アルクは利益を追求する販売者ですから、少しでも間口を広げて
できるだけ多くの人に「私も対象に入っている」と興味を持ってもらうことが目的です。


もちろん、この「目安」が完全な的外れとか誇大広告とかなら、それは問題になりますが
「問題」と言えるほど外れているわけではありません。

アルクが設定しているのは、その講座を開始できる「最低レベル」です。


実のところは、この「目安」とは

たとえば「1000時間ヒアリングマラソン」なら、
英検2級・TOEIC550点の人にも対応しているコーナーあるよ、
と言った方が正しいのではないかという気がします。

つまり、全然歯が立たないコーナーもたくさんある、ということ。


それって・・・すごくもったいないと思いませんか?

少なくとも、私は嫌です。

「このコーナー、私には難しくてできない・・・」
「これも、何回聞いても全然聞こえないや・・・」

そんな勉強は辛いと思いますし、
現に、私が英検2級レベルの時に1000時間ヒアリングマラソンに挑戦していたとしたら
確実にそうなっていた自信があります。(笑)



NHKラジオ英語講座の歩き方シリーズでも書いたように、
自分のリスニングレベルより「簡単なもの」って、いろいろ使い道があります。
シャドーイングや、瞬間英作文など。


「このコーナーはリスニングするにはちょっと簡単だけど、
 いざこれを口に出そうとすると、なかなか言えないよな~」というものは、
どんどんスピーキングの練習に使えばいいんです。

「ヒアリング」マラソンだからといって、
ヒアリングの訓練にしか使ってはいけないなんて決まりはないんです。

もちろん、ヒアリングマラソンに限らず、何の教材でも同じことが言えます。


その一方、自分のレベルでは歯が立たないものは、有効に使えません。


そう考えると、1000時間ヒアリングマラソンは
英検準1級以上、TOEIC700点くらい以上の方が始めるのが
一番教材をお得に使えて良いのではないか、というのが私の考えです。


だから、英検2級の方は「中級」の方がいいかもしれませんし、
または別の教材で勉強して準1級レベルになってから
「1000時間」に挑戦してもいいと思います。



というわけで、ヒアリングマラソン「販売者」アルクの公式目安とは異なる、
ヒアリングマラソンをこよなく愛する「紹介者」えいみの目安をここに書いてみます。
(私の個人的な意見です)

1000時間ヒアリングマラソン⇒ TOEIC700点~、英検準1級。
ヒアリングマラソン中級コース⇒ TOEIC600点~、英検2級。
ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!⇒ TOEIC450点~、英検3~準2級。

アルクの目安は「その講座を始められる最低レベル」だとすると、
この程度が、教材を「有効に使いきれる最低レベル」なのではないかと思います。

これに加えて、同じ英検○級、TOEIC○点でも
リスニングとリーディングの比率、人それぞれの得意分野でも状況は変わってきますので、
レベル選びは慎重にするに越したことはないです。


もちろん、これは私の勝手な意見ですし、
これが絶対です!なんてことを言うつもりはありません。

ただ、実体験として、私が英検2級・TOEIC550点程度の頃に「1000時間」をやっていたら
1ヶ月も持たずに挫折していたという自信(?)から、お伝えしています。


ですから、ご自分でしっかり考えて、必要ならアルクの窓口に問い合わせたり
ネットの口コミを調べたりしてから、納得して選んでくださいね。
また、私でお役に立てるのであれば、喜んでアドバイスします。

事前に教材のサンプルをきちんと聞いてチェックすることも、もちろん必須です。



アルクの目安、私がここで書いたこと、どちらも簡単に信じないでください。
ご自分の目と耳でしっかり確かめてください。

気ぃつけなはれや!!(笑)
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ




 「何から勉強したら効率よく英語がマスターできるんでしょうか?」
 「あれもこれもやることが多すぎて、勉強時間が確保できません」
 「もっと私たちのような中級者に向けた勉強法を教えてください」

 こんなメールを、私はこれまで数え切れないほどたくさんいただき、
 英語学習者向けのメール講座を開講することにしました。
 最短距離で英語をマスターするためにやるべきこと、その正しい順序をお教えします。

ご興味がある方は、下から詳細ページへどうぞ。

留学経験なし、英文科卒でもない私が外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を今だけ無料で公開します

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英語を独学でマスターする方法 -英語を自由自在に操る達人になる勉強法- All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。